美白対策というのは、どうしても紫外線が強くなる春から夏、そして夏の紫外線の影響を防ぐという意味で秋の初め頃に関心が高まります。

しかし、できてしまったシミを薄くしたいといった美白対策は、実は冬場はチャンスなんです。



美白対策の基本は紫外線対策ですが・・・


シミ発生の大きな要因は紫外線です。

紫外線の影響でメラニン色素が大量に生成され、それが肌内部に残ってしまうとシミになってしまいます。

春・夏の美白対策というのは、こういった紫外線の影響というのを極力少なくし、メラニン色素が必要以上に生成されないようにすることが最も重要です。

紫外線以外の原因、例えば肌への強い刺激やホルモンバランスの乱れなどでも、メラニン色素の生成が活発化するということもありますが、紫外線はこういった状態をさらに助長します。

紫外線の影響を排除するというのが美白対策の基本となります。

ですから、春・夏というのはUV対策用のファンデーションや帽子や日傘などで紫外線から肌を守ることが必要になるのですが、それでも完全に紫外線を防ぎきれるわけではありません。

また、一般的に美白成分と言われるものはメラニン色素の生成をなんとか抑制しようということで化粧品や医薬部外品に配合されています。

しかし、紫外線の影響が強い春夏はその効果が追いつかず、メラニン色素の大量生成を完全に沈静化するまでにはいたらないということもあります。



紫外線の少ない冬場こそ美白対策のチャンス


それでは冬場はどうかというと、冬場もある程度の紫外線は降り注いでいますが、春夏と比べるとやはり少なくなります。

その分、紫外線に対する防御意識が低くなりがちではありますが、紫外線の影響が少ないからこそ、美白成分がそのはたらきを十分に発揮することが期待できます。

メラニン色素の生成を沈静化したり、生成されてしまったメラニン色素を還元したり、排出したりする可能性も高まります。

ただ、美白対策のための前提条件としては、肌の水分がしっかりと保たれ、適正な新陳代謝が行われていることが必要です。

冬場はどうしても肌の水分が奪われやすく、また肌機能そのものが低下しがちです。

美白成分に頼るだけでなく、保湿対策をきちん行い、マッサージで血行を良くするなどして、肌が健やかに保たれるようにお手入れすることが大切です。


初投稿 2010/02/09