化粧品によって美白ケアをしようとする場合、多くの方は美白作用をアピールした医薬部外品のご使用を検討されるのではないでしょうか。

ファンデーション等で肌を白く見せるという場合は別として、基本的に化粧品(基礎化粧品)では、効能効果として美白作用を謳うことはできません。

厚生労働省の認可を得た医薬部外品の場合は、「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」等の美白作用を謳うことができます。

ただ、これは美白作用を宣伝資料やパッケージ等に記載してアピールすることが許されるということであって、必ずしも医薬部外品だから効果があるというわけではないように思います。

この件については、別のブログ記事「美白化粧品は医薬部外品が効果があるの?」にてご説明していますので、よかったらご覧ください。

モルトリーチェでは、美白作用をメインにアピールはしていないものの、美白ケアにもおすすめしたい美容液「モイスチュアライザー」という商品があります。

今回は、この美容液「モイスチュアライザー」をご紹介いたします。



美白ケアにもおすすめ!海と大地の恵みの高保湿エイジングケア美容液




このモイスチュアライザーは、エイジングケア用の美容液として、海と大地の恵みをふんだんに、且つバランスよく配合し、肌本来の機能(保湿機能やバリア機能など)をサポートするよう商品設計されています。

肌の潤いをしっかりと保つとともに、角質をケアしスムーズな肌再生のために肌の状態を整えます。

ご使用いただくことで、フワフワ、モチモチ、そして滑らかでクリアな肌が実感できるものと思います。



美白にも期待の各種植物エキス配合


モイスチュアライザーには、いわゆる「美白成分」と言われる成分は配合されていませんが、昔から美白作用があるとされる植物エキス(ソウハクヒエキス、エイジツエキス、クララエキス、シャクヤクエキス)を配合しています。



ソウハクヒエキス

特に、ソウハクヒエキス(桑白皮エキス)の美白作用は有名です。

シミ・ソバカスの原因であるメラニン色素は、基底細胞の中のメラノサイトという細胞において、チロシナーゼという酵素のはたらきにより、チロシンというアミノ酸を原料として生成されます。

ソウハクヒエキスは、桑の根の皮から抽出した成分で、フラボノイドという有効成分が豊富に含まれており、 チロシナーゼの活性を阻害する効果が強く、これによりメラニン色素の生成を抑制するとされています。

また、ソウハクヒエキスには、保湿、抗炎症、抗アレルギーといった作用もあり、日焼けしてカサついた肌の手入れに有用で、紫外線による肌ダメージを防いでくれます。

ちなみに、カイコが白いマユを作るのは桑の葉を食べるためといわれます。



エイジツエキス

エイジツエキスは、ノイバラの果実から抽出したもので、日干しにしたものがエイジツ(営実)と呼ばれ、古くから、おでき、はれものなどに効果あると言われてきました。

エイジツエキスもフラボノイドを含み、美白・収れん・SOD様(抗酸化)といった作用があるとされ、スキンケア化粧品に使用されます。



クララエキス

クララエキスは、クララの根から抽出したもので、根の外皮を除き乾燥させたものをクジン(苦参)と言い、 漢方では抗菌・胃薬・解熱・解毒・鎮痛に用いられてきました。

化粧品には、美白・抗菌・日焼け予防・血行促進・収れんなどの作用が期待され使用されます。



シャクヤクエキス

シャクヤクエキスは、シャクヤクの根から抽出したもので、古くから、冷え症・月経不順など婦人病に使用されてきました。

化粧品への配合は、チロシナーゼ活性阻害作用による美白作用、抗炎症・抗アレルギー作用、血行促進作用、などが期待されます。



適正な新陳代謝がメラニンの排出を促す


化粧品や医薬部外品による美白ケアというと、基底層のメラノサイトにおけるメラニンの生成を抑制を目指した製品が多く、美白成分といわれるものの多くはそういった成分効果があるとされます。

ただ、本当にその美白成分が角質層を通り抜けて基底層まで浸透するのかという問題もあります。

また、基底層まで届きその成分効果を発揮したとしても、その成分効果が強いと、メラニンの生成機能そのものに損傷を与えてしまう心配(白斑等の心配)もあります。

ですから、本当の美白ケアというのは、メラニンが過剰に生成されないように紫外線に注意することと、過剰に生成されたメラニンを新陳代謝によってスムーズに排出(古い角質とともに剥離)することだと言えます。



モイスチュアライザーは、スムーズな新陳代謝が維持されるよう、肌(角質層)の潤いやバリア機能を守るとともに、肌(角質層)の状態を整えます。

モイスチュアライザーには、5種類のフルーツ酸(マルチフルーツ酸)が配合されています。

フルーツ酸は、不要な古い角質を剥がれやすくすることで、肌のクスミを防ぎ透明感のある明るい肌へと導くといった作用があります。

角質層の状態を整えることで、新陳代謝にもプラスにはたらきます。



また、肌表面の保湿ケアにより角質層の水分量を保つことは、適正な新陳代謝を保つために重要です。

モイスチュアライザーは、皮脂類似の化粧品ベース成分により肌をやさしく保護しながら潤いを守ります。

さらに、海と大地の恵みの各種保湿成分が肌の保湿機能をしっかりとサポートし、角質層の水分保持にはたらきます。

特に、オリゴフィココライユという成分は、フランスブルターニュ地方の海の保湿ミネラル成分で、高い保湿力を有するとともに、肌細胞に必要とされる各種ミネラル成分をたっぷりと含みます。



美白対策というのは美白化粧品を使用することだけで足りるものではなく、その基本条件として肌を健やかに保つことが大切です。

モイスチュアライザーは、肌の保湿機能・バリア機能・再生機能をサポートし健やかな肌を保つとともに、植物エキスの穏やかな作用を加えることで、美白ケアにも配慮した美容液です。



[公式サイト内ページ]美容液モイスチュアライザーのご案内はこちら






初投稿:2010/10/02