先日、とあるドラッグストアに入ったところ、そこの従業員の方が店内放送で某スキンケア化粧品の宣伝をしていました。

その内容はというと・・・

「今やコラーゲンは肌から直接吸収する時代!この〇〇化粧品は全アイテムにコラーゲンを配合しています。コラーゲンを肌から直接皮膚内部に浸透させることで、ハリとツヤのある肌をつくります!」

こういったセールストークを店内放送でやってるわけですが・・・

そんなこと言っていいのでしょうか?

これはお客様に大きな誤解を与える表現だと思います。

コラーゲンが美容に良いというのは、今や疑う余地のないこととして認識されているようですが・・・

コラーゲンがどういった成分で、美容面で肌にどういう効果があるのかというのは、案外知られていないのではないでしょうか。

[関連ブログ記事]コラーゲンについてありがちなトーク



コラーゲンは皮膚の弾力性を保つ重要成分


コラーゲンは、体内の様々な部位(真皮、靱帯、腱、骨、軟骨など)を構成するタンパク質のひとつです。

美容という観点からは、真皮に存在するコラーゲンが重要になります。

皮膚は、最上層から表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれていて、この中で真皮層は肌の弾力性を支えています。

コラーゲンは、この真皮の70%ほどを占める構成成分で、真皮内で繊維を形成し網状に広がっています。

さらに、エラスチンという別の繊維成分がコラーゲン繊維を束ねるような状態で存在します。

コラーゲン繊維とエラスチン繊維でしっかりと網状構造を形成し、その間にヒアルロン酸などの保湿成分が存在し、真皮層はスポンジのように弾力性を維持しています。

しかし、加齢や紫外線の影響などにより、真皮のコラーゲン繊維やエラスチン繊維などは、その量が少なくなったり、機能が劣化したりしてきます。

若い頃はピンと張ったような網状構造が次第に緩んだ状態に変性し、さらにヒアルロン酸などの保湿成分も少なくなり、真皮は弾力性を失ってきます。

このように真皮層が衰えて弾力性を失うと、皮膚はハリを失い、シワやタルミが生じてきます。

ですから、コラーゲンがシワやタルミの無い若々しい肌を保つためにたいへん重要な成分であるというのは間違いないことです。



化粧品でコラーゲンを真皮に補給できない!


だったら、コラーゲンを化粧品で補給してあげれば、真皮の弾力性を取り戻し、若々しい肌に戻すことができるのかというと、そうそう簡単にはいきません。

まず、コラーゲンは巨大な分子量の成分ですから、肌に塗ったとしても、角質層を通り抜け、表皮を突き進み、真皮まで到達することは有り得ません。

コラーゲンが真皮まで到達しないということは、コラーゲン配合の化粧品を使っても、真皮のコラーゲン不足を直接的に補うことにはならないということです。

また、最近ではコラーゲンを低分子化し(小さくし)、真皮まで到達できるようにしたというものもあります。

しかし、コラーゲンを低分子化したといっても、それはコラーゲンというタンパク質をペプチドに分解したものであり本来のコラーゲンとは異なります。

仮に真皮まで到達したとしても、真皮のコラーゲンの代わりが果たせるのか疑問です。

真皮におけるコラーゲンの役割というのは、繊維成分としてピンと張った網状構造を形成することで弾性を保つことです。

本来のコラーゲンではない、コラーゲンペプチドがその役割を果たすのかどうか・・・?

それに、真皮の弾力性維持には、コラーゲン繊維だけではなく、エラスチン繊維も必要ですし、水分を保持するヒアルロン酸などの保湿成分も必要です。

単に、コラーゲンやコラーゲンペプチドを肌から補給したからといって、真皮の状態に対して直接的にプラス効果をもたらすものではありません。



コラーゲンを化粧品に配合する意味合いは?


それでは、化粧品にコラーゲンを配合しているのは無意味なのかと言いますと、そうではありません。

コラーゲンは、それ自体が高い保湿性を持っています。

肌に塗ることで、肌の潤いをしっかりと保つとともに、肌表面に薄い皮膜を形成し、たいへん滑らかな感触を与えることが出来ます。

こういった作用からすると、冒頭で紹介したドラッグストアの店内放送のうち、肌にツヤを与えるという表現は間違いではないかもしれません。

また、化粧品に配合のコラーゲンを直接的に真皮に補給し、肌の弾力性を回復させることは難しいと思いますが・・・

コラーゲンを肌に塗ることが、肌表面、特に角質層の状態を健全に保つことにつながれば、それは真皮の状態にも良い影響を与えます。

真皮のコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸といった重要成分は、真皮の繊維芽細胞によってつくり出されます。

肌表面が不健全な状態、例えば水分不足で乾燥している、またバリア機能が低下し肌荒れが生じている状態・・・

こういった状態においては、表皮の新陳代謝にも乱れを生じさせますし、それが真皮の繊維芽細胞の活性にも悪影響を与えます。

こういったことから考えると、コラーゲンで肌表面の潤いを保ち保護することは、間接的な作用ではありますが、真皮の弾性を維持することにつながります。

肌のハリを保つために多少なりともプラス効果を期待できると言えます。

ただ、肌のシワやタルミは、真皮の主要成分コラーゲンが不足し発生するのだから、コラーゲンを肌に塗って補給すれば、真皮のコラーゲン不足を解消し若々しい肌が保てる・・・というのは明らかに言い過ぎです。



モルトリーチェ化粧品も全品にコラーゲンを配合していますが、これは、肌の潤いを保ち、滑らかさやツヤを与えるために有効と考えるからです。

健やかな肌状態を保つには、皮膚最上層の角質層が規則正しい層構造を維持し、水分をたっぷり保持するとともに、バリアとしての機能を果たすことがたいへん重要です。

高い保湿性と皮膜効果によって、肌の状態を整え、見た目にはしっとりした滑らかな肌を保つことが、コラーゲンに期待される成分効果だと思います。

よかったら、モルトリーチェの公式サイトもご覧ください。




初投稿:2011/01/17