何十年も前は自然派化粧品というのは市場にはまだ少なかったように思いますが、その後自然派化粧品のブームが到来し、今や天然由来原料を使った化粧品というのは珍しくもなく、あらゆる化粧品会社が自然派を謳った化粧品を製造・販売しています。

モルトリーチェ化粧品も「海と大地の恵みを活かし肌機能をサポート」と言っているわけですから、いわゆる自然派化粧品ということになります。

ただ、自然派化粧品だから肌に良いとか安全とか、そういうふうに短絡的に考えることは危険だとも思っています。



自然派化粧品=安全・高品質というわけでもない


自然界には肌にとって危険なものや刺激となるものもたくさん存在します。

100%天然由来という原料の場合、その中には有用成分も存在するかもしれませんが、刺激成分や肌に害を及ぼす成分も含まれていることがあります。

天然由来原料を使うといっても、化粧品成分として利用するには何らかの化学的処理がされています。

また、安全性の高い原料や成分でつくった化粧品であっても、肌にプラス効果が無いのであれば、使用する意味もありません。

それから、昔から化粧品によく使われた「鉱物油」は、石油系の油だから肌に悪いとよく言われます。

しかし、技術が進んだ今の時代、肌に安全な化粧品というのは、鉱物油を使った方が簡単かつ低コストで製造できるという考えもあります。

それに、突き詰めて考えれば、石油だって自然の産物なのですが・・・

[関連ブログ記事]参考ブログ記事:鉱物油は危険?モルトリーチェの考え方は?

よく危険物質として槍玉にあげられる「界面活性剤」だって、果たして本当に危険なのかどうか?

確かに肌にとって危険な界面活性剤も存在し、過去にはそういったものが化粧品に使われたこともあったでしょう。

しかし、界面活性剤には安全なものから危険なものまでたくさんの種類がありますし、何より界面活性剤のはたらき(乳化・洗浄・分散・可溶化)は化粧品製造には不可欠です。

純粋に天然由来と言える界面活性剤もあることはありますが、その機能が不十分なものが多く、補助的にしか使えなかったりします。

大切なのは、機能性、安全性ともに優れた界面活性剤を利用することのように思います。

[関連ブログ記事]誤解が多い?化粧品の界面活性剤【1】

[関連ブログ記事]誤解が多い?化粧品の界面活性剤【2】



モルトリーチェの考える自然派化粧品とは


自然派化粧品の会社と言いながら、自然派化粧品を否定するような、自己矛盾的なことを書いてしまいましたが、自然派化粧品の会社だからこそ、「自然=安全で高品質」と単純に考えるべきではないと思うのです。

それでは、モルトリーチェの考える自然派化粧品とはどういうものなのでしょう。

それは二つの意味での自然派化粧品ということです。

ひとつは、「天然由来原料を主体」とした化粧品ということでの自然派化粧品。

そして、もうひとつは、「肌への馴染みが良い、肌に対して自然な化粧品」という意味での自然派化粧品です。

これは、「肌本来の機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートするためでもあります。



天然由来原料を主体とした化粧品ということについて


まず、スキンケア化粧品というのは健やかな肌を保つためにあるのであって、自然派化粧品であることが目的になってしまっては本末転倒です。

本来、原料が天然由来なのかどうかということよりも、肌に対して安全でプラス効果をもたらすスキンケア化粧品であるということが重要です。

肌への安全性が確認され美肌効果も期待できるということであれば、それが天然由来かどうかに関係なく、化粧品の原料として使ってもよいと思います。

しかし、モルトリーチェでは、やっぱり天然由来原料にこだわった化粧品づくりを行なっています。

モルトリーチェ化粧品は、主に海と大地の恵みによって構成された自然派の化粧品です。

モルトリーチェ化粧品の化粧品ベース成分は、オリーブ由来のスクワラン、大豆由来の脂肪酸、ホホバ油などで構成されています。

これらは、肌に対して安全で刺激が少ない化粧品であること、そして肌への馴染みに優れ、肌をやさしく保護するために採用した原料です。

また、様々な海と大地の恵みの保湿成分や美容液成分をふんだんに配合しています。

肌に対して安全で刺激が少なく、そして様々な美肌作用が期待される成分を十分吟味したうえで採用しています。

そして、それらが肌に対して効果的にはたらき、肌本来の機能を引き出すようようにバランス良く配合しています。

結果的に、使用原料や配合成分というのは、天然由来原料が主体となっています。

あくまで、肌への安全性と美肌効果を追求した結果、このような海と大地の恵みを主体とした自然派のスキンケア化粧品になったということです。



肌に対して自然な化粧品ということについて


また、これらの天然由来原料を採用した大きな理由は、肌に対して自然な化粧品を目指したためでもあります。

肌への安全性が高く、肌への刺激が少ない、肌への馴染みが良く、使用感も優れている、そんなスキンケア化粧品でありたい。

また、肌本来の機能=肌が自ら美しくなろうとする力をサポートする化粧品でありたい。

そのためには、肌に自然な化粧品であるべきだという考えから、肌に存在する成分と同じもので化粧品をつくりたい。

あるいは、肌に存在する成分と類似のものを原料として化粧品をつくりたい。

モルトリーチェでは、そういった考えから、化粧品ベースの構成や保湿成分・美容液成分の配合を決めました。

皮脂に限りなく近い化粧品を目指しました


例えば、肌の表面を覆い、肌を保護し水分の蒸散を防いでくれる皮脂膜という天然のクリームは、その構成成分は、グリセライド、脂肪酸、スクワレン、ロウ類などです。

洗顔により皮脂膜が取り除かれたり、加齢や外部環境の変化、あるいは体調の変化などにより皮脂の分泌量が低下すると、肌は外界の刺激に弱かったり、肌が乾燥しやすくなったりします。

モルトリーチェでは、「皮脂の不足を化粧品で補おう」「化粧品は肌に対して自然で馴染みのよいものを」という考えのもと、皮脂の構成成分に限りなく近い化粧品を目指しました。

そして、モルトリーチェ化粧品のベース成分は、オリーブスクワラン、ホホバ油、大豆・ヤシ由来の脂肪酸など、皮脂成分に類似の成分を植物油脂に求め構成されています。



化粧品のベース成分として鉱物油を使用したとしても、それが悪いということではありませんが、鉱物油は本来は肌に存在しないものです。

モルトリーチェでは、なるべく肌に存在する成分をもとにして化粧品づくりをしたい、それが肌に対して自然であり、肌本来の機能をサポートすることになるという考えから、こういった原料を選んでいます。

[関連ブログ記事]ベース成分で決まる化粧品の質感

なお、モルトリーチェ化粧品では、高品質な化粧品であるために必要不可欠な界面活性剤は使用していますが、石油系の合成界面活性剤は使用せず、安全性の高い植物&アミノ酸系の界面活性剤を使用していますのでご安心ください。

肌本来の保湿機能・バリア機能のサポートを目指しました


また、肌がしっとりと潤いきめ細かく滑らかな状態であるためには、角質層において健全な層構造が形成され、保湿機能やバリア機能が保たれていることが大切です。

そのためには、適正な新陳代謝が行なわれる必要がありますし、角質層に細胞間脂質やNMF成分といった保湿成分が十分に存在する必要があります。

しかし、加齢や紫外線その他の影響により、新陳代謝は乱れがちになり、角質層の細胞間脂質やNMF成分も少なくなったりします。

モルトリーチェ化粧品では、細胞間脂質やNMF成分といった肌保湿の重要成分を補うために、細胞間脂質の主成分であるセラミド(植物由来)や、NMF成分の主成分である10種のアミノ酸などを保湿成分として配合しています。

そして、肌の保湿力をさらに補強するために、肌に対して自然で、なおかつ高い保湿力のある成分として、数種類の海由来の保湿成分やバイオ酵母成分を配合しています。

また、5種類のフルーツ酸、18種類の植物エキス、3種類の植物精油を活用することで、健やかな肌をサポートします。

このように、肌本来の機能をサポートし、なおかつ肌に対して自然な成分という観点から化粧品づくりに取り組んだ結果、海と大地の恵みを主体とした自然派の化粧品になったということです。



モルトリーチェ化粧品が自然派の化粧品であるという場合、「原料が自然」そして「肌に対して自然」というふたつの意味合いをもちます。

これは肌本来の機能をサポートし、健やかな肌状態を保つためのスキンケア化粧品でありたいという願いからです。

なお、モルトリーチェ化粧品のについての詳しいご案内は、モルトリーチェ公式サイトでご覧になれます。




初投稿:2012/07/30