MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

日焼け止め化粧品の選択について

日焼け対策化粧品を選ぶ前に(SPFとPAについて)


日焼け止め用化粧品は様々な種類のものが販売されています。

それぞれ、使用目的、使用感、使用場面が違うわけですが、日焼け止め効果を表すひとつの指標として、こういった化粧品にはSPFやPAが表示されています。

このSPFやPAは、もちろんその値が高ければ高いほど、日焼け止め効果が高いということになるわけですが・・・

ただ、その数値だけに目を奪われて日焼け止め化粧品を選んでしまうと、逆に肌健康にはマイナスとなることもあります。

SPFやPAについてよく理解し、ご自分に合った化粧品を選ぶことが大切です。



SPFはUVBに対する防止効果を表しています


SPFは、Sun Protection Factor の略称です。

SPFは、紫外線の中でも、UVBの防止効果を表しています。

SPFは、「SPF15」「SPF30」などの数値が記載されていますが、数値が大きい方がUVBの防止効果は高くなります。

日本化粧品工業連合会がその測定方法の基準を定めています。

SPFの表示の上限は50+となっています。

SPF測定値が50を大きく超える場合でも、表示は 50+となります。

これは、SPF50程度であれば、紫外線の強い環境においてもUVB防止効果はあると考えられるこ と。

また、測定方法にも限界があり、SPF50以上については信用性の問題もありますので、このよ うに上限が設定されています。

このSPFの数値は、紫外線を浴びた際に、皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍長くできるかということを表しています。

例えば、30分で赤い斑点ができる人であれば、SPF30の日焼け止めを使用すると、30分の30倍、つまり900分(15時間)の日焼けを防ぐ効果があるということになります。

ただし、これはあくまで、ある特定の条件のもとで測定された数値です。

実際には個人差や使用方法や使用環境の違いがあります。

数値そのものにもメーカー間でいくぶんかの誤差もあるとも言われます。

単純に○○時間日焼け止め効果があるとは考えない方がよいでしょう。

実際のところ、SPFが10以上になってくると、その数値に比例した日焼け止め効果となるか疑問もあります。





PAはUVAに対する防止効果を表しています


PAは、Protection Grade of UVA の略称です。

PAは、紫外線の中でもUVAの防止効果を表しています。

PAは、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表わしますが、「+」 が多いほどUVAの防止効果は高くなります。

SPFがUVBに対する防止効果を表すのに対して、PAはUVAに対する防止効果を表していま すので、皮膚の黒化について測定し表示されています。

日本化粧品工業連合会がその測定法の基準を定めています。

PAは、長期的な悪影響を数値にすることが難しいため、SPFのように 数値化されていません。

なお、PAは、日本化粧品工業連合会で、その効果により次の4段階に分けられています。



[PA+ ] UVA防御効果がある。

[PA++]  UVA防御効果がかなりある。

[PA+++]  UVA防御効果が非常にある。

[PA++++] UVA防御効果が極めて高い。





使用目的や生活シーンで使い分けましょう


SPFとPAは、それぞれUVB、UVAの防止効果の指標として、日焼け止め化粧品を選ぶ際の参考となります。

ただし、数値が高ければいいのではなく、使用する方の肌質、使用目的、使用する場所などに応じて選ぶことが大切です。

紫外線を肌内部に侵入させないようにする方法としては、紫外線散乱剤により紫外線を乱反射させる方法と、紫外線吸収剤により紫外線をエネルギーに変えて放散してしまう方法がります。

代表的な紫外線散乱剤には、酸化チタンや酸化亜鉛があります。

代表的な紫外線吸収剤には、ケイ皮酸誘導体(メトキシケイ皮酸オクチル等)、パラアミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABA オクチル等)、ジベンゾイルメタン誘導体(t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン等)などがあります。

ただ、紫外線吸収剤については、その毒性や皮膚刺激性について指摘する声もあります。

そして、紫外線防止効果が高い化粧品には、この紫外線吸収剤が使用されている場合があります。

必要以上に日焼け止め効果の高い化粧品を選ぶのは避けた方が良いと思われます。



紫外線防止効果が極端に高い化粧品については、その数値で示されるほどの効果が実際にあるのかという疑問もあります。

紫外線防止効果が高い反面、肌への負担も大きいということも考えられます。

紫外線防止効果の数値の高さだけで日焼け止め化粧品を選ぶのではなく・・・

SPFやPAの高い日焼け止め化粧品は、海水浴や炎天下でスポーツをする際に使用し

日常生活であまり日光に当たらない場合には、SPFやとPAの低めのものを使用するなど、目的や生活シーンによる使い分けをおすすめします。



なお、日本化粧品工業連合会による「生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方」を参考にすると、日焼止め化粧品を選ぶ際のSPFやPAの数値はだいたい以下の通りとなっています。





日常生活(散歩・買物など)
SPF5〜SPF20 PA+〜PA++



屋外での軽いスポーツやレジャー
SPF10〜SPF30 PA++〜PA+++



炎天下でのレジャー・リゾート地でのマリンスポーツ
SPF30〜SPF50 PA++〜PA++++



非常に紫外線の強い場所や紫外線に特に過敏な人
SPF50+ PA++++





日焼け止め化粧品 大切なのはむしろその使用方法


SPFとPAの測定値は、日焼け止め化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗り、日焼けするまでの時間をもとにしています。

1平方センチメートル当たり2mgずつの量を塗ろうとすると、肌が白っぽくなりますので、実際にはもっと薄く塗ってしまいがちです。

十分な紫外線防止効果を得るためには、日焼け止め化粧品はあまり薄く伸ばし過ぎず、ムラなくたっぷりと塗ることが大切です。



それから、SPFやPAの数値というのは、日焼けするまでの時間を表しています。

夏の暑い日などは汗で日焼け止めが落ちてしまうことも考え、こまめに日焼け止めを塗り直すことも必要です。

また、紫外線の中でもUVAは窓ガラスを透過し室内にも届きます。

夏場は在宅時であっても日焼け止め化粧品の使用をおすすめします。




以下の紫外線関連ブログ記事もご覧ください。

[関連ブログ記事]太陽光と紫外線の基礎知識

[関連ブログ記事]シミ・ソバカスだけではない!紫外線の肌への悪影響いろいろ

[関連ブログ記事]肌の大敵紫外線からお肌を守るために・・・化粧品でできることは?



モルトリーチェの取り扱い商品「肌にやさしい日焼止めUVカット・ミルク 」は以下のページでご案内しています。

[公式サイト内ページ]UVカット・ミルク のご案内ページはこちら




初投稿:2007/05/25

紫外線防止効果と日焼け止め化粧品の選び方について


紫外線は肌老化の最大要因です。

その紫外線の悪影響から肌を守るために、これからの季節に欠かせないのが日焼け止め化粧品です。

様々なタイプの日焼け止め化粧品が販売されていますが、その中から自分に合うものを選ぶとなると結構難しいものです。

紫外線防止効果が高くて、使用感も良くて、肌へもやさしくて、利便性もあって、美容効果もあって、価格も安くて、製造元(発売元)も信頼できて・・・

このように、日焼け止め化粧品を選ぶ基準はいろいろとあります。

ただ、その一番の使用目的は紫外線の肌への悪影響を防ぐということですから、まずは紫外線防止効果の高さが気になるのではないでしょうか。

日焼け止め化粧品には、その紫外線防止効果を表すひとつの指標としてSPFやPAが表示されています。

日焼け止め化粧品を選ぶ際は、その値が高いものに興味を引かれてしまうのではないかと思います。

しかし、SPFやPAの値だけで選んでしまうと、本当に自分に合った日焼け止め化粧品とめぐり合えないこともあります。

確かに、SPFやPAの値が高い方が紫外線防止効果が高いということになりますが・・・

肌に対して使用するものですから、肌への負担はどうなのか、使用感はどうなのか、といったことも考える必要があるように思います。

紫外線の強さや浴びる量というのは、時や場所、それぞれの生活環境などによってかなり変わってきます。

最近では、SPF50以上の日焼け止め化粧品も簡単に手に入るようになりました。

しかし、日常の紫外線対策として、果たしてそんなに高い紫外線防止効果が必要なのかという疑問もあります。

SPFやPAの値だけに目を奪われるのではなく、その値を目安にしながらも、使用環境、商品特徴、自分の肌質などを考慮したうえで、自分に合った日焼止め化粧品を選ぶことが大切だと思います。

そのためには、SPFやPAについて知ることも必要かと思います。



SPFについて


SPFは、紫外線の中でも、UVBの防止効果を表しています。

UVBは、人体にとってたいへん危険な紫外線と言われています。

肌にあたると、サンバーン(炎症)を起こし、ひどい場合は水ぶくれを起こすことがあります。

サンバーンの後、サンタン(皮膚の黒化)と肌荒れが起こります。

UVBは表皮の最下層である基底層にまで達します(波長の長いUVBは、更に奥の真皮層にまで達します)。

基底層では表皮細胞が生成されますので、UVBによって細胞が損傷を受けると肌老化、さらには皮膚ガンの原因となることがあります。

SPFは、「SPF15」「SPF30」といった数値が記載されますが、数値が大きい方がUVBの防止効果は高くなります。



PAについて


PAは、紫外線の中でもUVAの防止効果を表しています。

UVAは人体に及ぼす悪影響はUVBよりは小さいと言われていますが、窓ガラスを透過しますので、室内や車内にいても届いてしまいます。

また、曇りの日でも量はそれほど少なくなりません。

UVAによる日焼けは、サンバーン(炎症)が起きずに黒化していきますので、身体にやさしいと思う人も多いようですが、UVAは真皮層まで達し、真皮の層構造を劣化させます。

その結果、肌は弾力性を失い、タルミやシワの原因となります。

PAは、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表わしますが、「+」が多いほどUVAの防止効果は高くなります。



SPF・PA 選び方の目安


ちなみに、日本化粧品工業連合会による「生活シーンに合わせた日焼止め化粧品の選び方」を参考にすると目安はだいたい以下の通りです。


シーン 1


散歩や買物などの日常生活
SPF5 〜 SPF20   PA+ 〜 PA++


シーン 2


屋外での軽いスポーツやレジャーなど
SPF15 〜 SPF30   PA++ 〜 PA+++


シーン 3


炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなど
SPF30 〜 SPF50   PA++ 〜 PA++++


シーン 4


非常に紫外線の強い場所や紫外線に過敏な人など
SPF50・SPF50+   PA++++



こうしてみると、日常の生活シーンであれば、SPF20・PA++くらいのものでも十分のようです。

もちろん、太陽の光がさんさんと降り注ぐ中、海でマリンスポーツを楽しんだり、山へハイキングに行ったりする場合は、SPF30以上でPAの値もなるべく高いものが安心だと思います。

できれば、日常使用のものとレジャー用のものと2種類の日焼け止めを準備しておく方がよいようにも思います。

日常使用には、ある程度の紫外線防止効果を有しながらも、使用感が良くて、肌への負担も少くて、できれば美容効果も期待できるようなものを選ぶ。

そして、海や山でのレジャーにおいては、紫外線の脅威がより高まりますので、使用感や肌へのやさしさなどを考慮しながらも、紫外線防止効果の高さを最優先に選ぶ。

・・・といった使い分けをすることが必要かもしれません。

いずれにせよ、日焼け止め化粧品は単に紫外線防止効果の高さだけで選ぶのではなく、使用目的や生活シーンなども考慮しながら選ぶようにした方がよいでしょう。



紫外線防止の成分にも注意


また、日焼け止め化粧品に使われる紫外線防止成分にも注意が必要です。

紫外線防止成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」があります。

「紫外線散乱剤」は、紫外線を皮膚表面で反射・散乱させて、紫外線が皮膚に入り込むのを防ぎます。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収すると熱エネルギーに変化させて放出し、紫外線の皮膚への浸透を防いでいます。

「紫外線吸収剤」の紫外線防止効果は強いのですが、この熱エネルギーへの変換という化学反応は肌への負担が大きく、また、吸収剤自体がかぶれの原因となることもあります。

「紫外線吸収剤」を使ったものではなく、「紫外線散乱剤」を使ったものが、肌にはやさしいと言えます。

特に、肌の弱い方や小さなお子様には、「紫外線散乱剤」を使ったものがおすすめです。

なお、「紫外線散乱剤」については、使用感が重たかったり、不自然に白くなったりと、若干の使いづらさがありましたが、最近ではそういった欠点も改善された製品も出てきています。



[関連ブログ記事]日焼け対策化粧品を選ぶ前に(SPFとPAについて)

[関連ブログ記事]太陽光と紫外線の基礎知識

[関連ブログ記事]シミ・ソバカスだけではない!紫外線の肌への悪影響いろいろ



モルトリーチェの取り扱い商品、肌にやさしい日焼止め「UVカット・ミルク 」を以下のページでご案内しています。

[公式サイト内ページ]UVカット・ミルク のご案内ページはこちら




初投稿:2011/04/11

UVカット・ミルク・・・炎天下でのレジャーにも使用できる?


日焼止め「UVカット・ミルク」についていただくお問合せの中で、少し気になることについてご説明いたします。

ハワイや沖縄など南の島へのご旅行、海水浴やキャンプなどのレジャーの際に、この「UVカット・ミルク」を使いたいという方がいらっしゃたのですが、これはこれでたいへんありがたいことです。

現在、日焼止め化粧品には、『SPF50・PA++++』というものもあるわけですが、「UVカット・ミルク」の場合、SPFは30、PA++となっています。

SPFやPAについては、その値が高ければ高いほど良いというわけでもありません。

SPFやPAが極端に高ければ、肌への負担もそれだけ大きくなる可能性があるわけで、日常の生活シーンであれば、SPF20〜30・PA++程度で十分だと考えます。

ただ、日常の生活シーンではなくて、例えば、炎天下の中、海や山でのレジャーということになりますと話は別です。

これは肌への負担とか商品の使用感の前に、まずは紫外線の脅威から肌を守ることを優先的に考える必要があります。

ですから、南の島へのご旅行や、海水浴、ダイビング、キャンプ・・・といった場合は、SPFやPAの値が高いものも携行した方がよいと思います。

できれば、日常用とレジャー用と2種類の日焼止め用化粧品を使い分けるというのが良いのだろうと思います。

なお、日焼対策用化粧品の選び方やSPFやPAについて、以下のブログ記事でもう少し詳しくご説明しています。

[関連ブログ記事]日焼け対策化粧品を選ぶ前に〜SPFとPAについて〜(20070525)



UVカット・ミルク の詳細はモルトリーチェ公式サイトの以下のページをご覧ください。

[公式サイト内ページ]UVカット・ミルク のご案内ページはこちら




初投稿:2009/07/07
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※12/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード