MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

その他美容に関する疑問について関連記事

化粧水の使用方法〜洗顔後すぐつける!?


化粧水の使用方法については、その使用効果を高める方法なども含めて、様々な情報があって、疑問を感じる方も多いかと思います。

特に、化粧水は、洗顔後すぐにつけるべきか?しばらくしてからつけるべきか?

それから、コットンを使うべきかどうか?パッティングは肌にプラスなのかマイナスなのか?

これまでも、化粧品の使用方法については、このブログでも何度か取り上げてきましたが、もう一度モルトリーチェの考えをまとめてみました。



化粧水は洗顔後すぐにつけましょう!


洗顔後は、皮脂膜が取り除かれ、肌は外的環境に対して無防備な状態にあります。

また、肌の水分が奪われやすい状態にあります。

洗顔(あるいは入浴)の直後は、肌表面に水分が残っているため、潤い感があるかもしれません。

しかし、大切なのは角質層(皮膚再上層の厚さわずか0.02ミリほどの層)に水分が保たれていることです。

洗顔後は、すぐに化粧水をつけ、水分の補給とともに、化粧水に含まれる保湿成分などにより肌(角質層)の水分が奪われないようにしましょう。



化粧水をコットンでつける場合の注意点


化粧水は、角質層の角質細胞と角質細胞のすき間から浸透していきます。

そのため、コットンで軽く馴染ませるようにつけることで、そのすき間への浸透にプラス効果が期待できます。

ただし、コットンで化粧水をつける時に、力を入れすぎたり、強く擦ることは避けてください。

肌表面を傷つけてしまい(角質層の層構造を乱して)、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

こういったことを防ぐためには、コットンが十分に濡れるくらいに化粧水を含ませることが必要です。

水分が不足した(乾いたような)状態のコットンでは、肌表面を傷つけてしまう可能性があります。

また、使用するコットンは上質なもの(肌表面を傷つけないやわらかい素材のもの)を選ぶことが大切です。



強いパッティングは逆効果の可能性も


パッティングしながら化粧水をつけることで、化粧水の肌への浸透を助けますし、適度なパッティングはマッサージ効果も期待できます。

ただし、強いパッティングは、肌への刺激となりますし、角質層を傷つけてしまいます。

軽い力でやさしくパッティングすることが大切です。

特に、敏感肌の方や肌荒れやその他肌トラブルの状態では、絶対に強いパッティングは行わないようにしましょう。

パッティング時に痛みを感じたり、パッティングした後に肌が赤くなっているような状態というのは、力加減が少し強すぎると思われます。



効果的な化粧水のつけ方〜重ねづけもおすすめ


それでは、化粧水の美容効果を高めるためには、どういったつけ方が望ましいでしょうか?

コットンにたっぷりと化粧水を含ませて(十分に濡れた状態で)、やさしく拭くような感じで、顔全体に馴染ませるのが良いように思います。

顔の内側から外側に向かって、ほおやひたいなど広い部分から、鼻、あごと・・・ていねいに馴染ませていきます。

コットンを使わない場合は、両手のひら全体を使い、顔の内側から外側へやさしく馴染ませるようにつけます。

軽く(あくまで軽く)たたくように馴染ませるのも良いでしょう。

コットンで行うよりは力加減が分かりやすいので、肌への刺激とならないように行ってください。



手でつける場合は、化粧水の重ねづけがおすすめです。

一旦顔全体につけた後、もう一度化粧水を手のひらにとり同じようにつけます。

重ねづけすると、肌のしっとり感はかなり違います。

それに、重ねづけしても、コットン使用よりは化粧水の量は少なくてすむのではないでしょうか。

化粧水は洗顔後すぐに、両手でやさしくなじませる(できれば重ねづけする)というのが、最も効率的で安全な方法のように思います。



化粧水の使用方法に関連した以下のブログ記事もご覧いただければと思います。

[関連ブログ記事]化粧水の使用方法(つけ方)についての疑問〜コットン、パッティングの必要性の有無は?

[関連ブログ記事]化粧水の使用方法〜化粧水シャワーについて

[関連ブログ記事]肌機能を守るためにコットンやティッシュにも注意!


初投稿:2012/01/15

角質の剥がし過ぎは肌乾燥・肌荒れの心配も?


洗顔剤やピーリング剤といった化粧品の広告宣伝などで、角質をごっそりと剥がしてしまうことを、その商品の優れた点としてアピールしていることがあります。

こんなにたくさん角質が取れましたとかやってるわけですが・・・これは違うと思います。

確かに、本来であれば自然と剥がれ落ちていくべき古い角質が、剥がれ落ちずにそのまま残存してしまうと、肌にはいろいろと問題が生じます。

肌がくすんで見えたり、固くざらついた印象の肌になったり、表皮新陳代謝に乱れが生じたり、健全な角質層の形成にも悪影響を及ぼしたり・・・

その結果、肌の保湿機能やバリア機能も低下して、肌乾燥や肌荒れが生じたり・・・

こういった状態を防ぐために、古い角質がスムーズに剥がれ落ちるようにお手伝いをするという考え方であれば、それは肌にとってプラスに作用すると思います。



角質をごっそり剥がしてしまうと・・・


しかし、角質をごっそり剥がすという考え方でピーリング剤などを使い、本当に大量の角質を取り去ってしまうとどうなるでしょう。

肌は保湿機能やバリア機能を失い、カサカサに乾燥し、外的刺激にも弱く慢性的な肌荒れ状態になってしまう危険性があります。

このブログでは何度も書いてきましたが、肌の潤いや滑らかさというのは、角質層の状態によって左右されます。

角質層が健全な層構造を形成し、そこに保湿成分が十分に存在することで、肌の潤いが保たれ、肌内部への異物の侵入も防ぎ、健やかな肌状態が保たれます。

その角質を一挙に剥がしてしまう、それは角質層そのものを破壊してしまうことであり、美容上とても危険です。

もちろん、角質層の大部分を一旦取り去り、新たな肌(角質層)の再生を図る美容方法もあります。

しかし、それを本当にやるなら、処置後の肌状態を見ながら適切に対応できるよう、専門の医師の監督のもとで行なう必要があります。

自宅で自分で行なうピーリングや、医療機関ではない施設で行なうピーリングというのは、あくまで角質層の上層部数層を剥がす程度にとどめておくべきと思います。



あくまで古い不要な角質だけをやさしく取り去ること


本来であれば、古い不要な角質というのは、自然と剥がれ落ちていくものであり、日ごろの洗顔や入浴などでも剥がれていきますので、それほど神経質になる必要はありません。

しかし、加齢、紫外線、肌水分不足、外的刺激など様々な原因により、新陳代謝のサイクルが乱れたりすると、時として古い角質がなかなか剥がれ落ちずに残存してしまうことがあります。

また、逆に古い角質が残存することが、新陳代謝に悪影響を与えるとともに、見た目にも肌の透明感や滑らかさが失われ、肌乾燥の原因ともなることがあります。

もし、肌のクスミやザラツキが気になったり、肌から柔軟性が失われているように感じたりした場合は、古い角質を取り除くというピーリングはおすすめだと思います。

ただ、自宅で行うピーリングというのは、肌への刺激を極力抑えながら、あくまで角質層の層構造を壊さずに、不要となった古い角質のみをやさしく取り除くことが大切です。

ピーリング剤を使う場合は、角質を剥がそうとして力を入れてゴシゴシ肌を擦ることがないようにしましょう。

それから、頻繁にピーリングを行なう必要はありません。せいぜい週2〜3回程度で十分だと思います。



こんなに取れた角質ポロポロの正体とは?


以前見たテレビCMでは、ピーリングジェルをガラス板の上で伸ばしても何も出てこない、でも皮膚の上で伸ばすと何やらポロポロと固まりのようなものが出てくる、ということを実験としてやってました。

このポロポロの固まりこそが剥がれた角質であり、こんなにたくさんの角質が残っていることは美容上大問題だというわけです。

このピーリング剤だったらこんなに角質を除去できるので是非使いましょうということになるわけですが・・・

でも、モルトリーチェで販売している「クリア・ピールジェル」というピーリング剤だって、ガラスの上で伸ばしても何にも出てきませんが、皮膚の上で伸ばすとポロポロと固まりが出てきます。

これはどういうことかというと、ピーリング剤というのは、角質やその他の汚れを除去するために、タンパク質などを吸着し固まる成分が入っています。

ポロポロとした固まりというのは、ピーリング剤が角質を吸着し固まったものであり、この固まりが全て剥がれた角質ということではありません。

ガラス板の上では、吸着すべきタンパク成分などが存在しないので、伸ばしても何も出てこないのは当然のことです。

本当にそれだけ大量の角質を剥がしてしまったということであれば、上記の通り、それこそ大変なことです。



以下の関連ブログ記事もよかったらご覧ください。

[関連ブログ記事]マイルドピーリング〜角質ポロポロ〜についての疑問



モルトリーチェで取り扱っているマイルドピーリングジェル「クリア・ピールジェル」の商品ご案内ページも是非ご覧ください。

[公式サイト内ページ]クリア・ピールジェルのご案内ページはこちら





日常のお手入れで角質ケアができる化粧水・美容液もございます。

モルトリーチェの化粧水(スキンローション)や美容液(モイスチュアライザー)には、天然由来の高保湿成分や美容液成分に加え、5種類のフルーツ酸が配合されています。

おだやかな角質剥離作用があり、日常のお手入れでやさしく角質ケアができます。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェ スキンローションのご案内



[公式サイト内ページ]モルトリーチェ モイスチュアライザーのご案内




初投稿:2012/02/16

乾布摩擦という健康法〜皮膚には問題が?


本格的な冬到来、寒さも厳しくなってきました。

風邪などひかないように体調管理にも注意が必要です。

風邪の予防と言えば、古くから「乾布摩擦」が知られています。

乾布摩擦とは、タオルなど乾いた布で皮膚をこすり摩擦することで体の抵抗力を高め、風邪などの病気にかかりにくくしようという健康法です。

乾布摩擦することで、皮膚の体温調節機能が強められ、皮膚の血行がよくなります。

その結果、体の代謝機能が活発となり、免疫効果を高められ、病気にかかりにくい体になるということです。

また、乾布摩擦をする際、上半身裸になり皮膚を外気にさらしますので、皮膚の寒さへの抵抗力も強くなると言われています。

このように健康維持にプラスの効果があって、それでいて、特殊な道具も費用も要らないということであれば、多くの人に推奨したいところですが・・・

実は今回のブログ記事では、この乾布摩擦のマイナス面についてお話したいと思います。



乾布摩擦が肌に目に見えない傷を与えることも?


確かに、乾布摩擦を行なうことによって、血行が良くなりますので、それが体に良い効果を与えることはあるのだと思います。

しかし、乾布摩擦という皮膚を強くこする行為は皮膚に対してはかなり強い刺激です。

肌を傷つけてしまう可能性もありますので心配な面もあります。

ただ、ここで言う「肌を傷つける」というのは、出血したり、赤くはれ上がったり、そういった目に見える傷や痛いと感じる傷のことを指しているわけではありません。

目に見える傷や痛いと感じる傷というのは、傷ついたことがすぐに分かります。

ここで言う傷というのは、日常の生活の中では気づきにくい、肉眼では見えにくい肌(特に角質層)の損傷のことです。



基本的な肌の構造と機能について


皮膚は、体の表面をおおっている器官であり、外界にさらされながら私達のからだを様々な環境の変化から守ってくれています。

皮膚は、体温調節・知覚・分泌・排泄・防御(バリア機能)・保水・保護など、さまざまな役割を担っています。

なかでも水分保持機能とバリア機能はたいへん重要なはたらきです。

そして、この水分保持機能とバリア機能(有害成分の皮膚内部の侵入を防ぐ機能)が保たれるためには、皮膚の最も外側の角質層が健全な状態であることが必須条件です。

角質層は、厚さ0.02ミリほどの中に角質細胞が20層ほど重なり合って層構造を形成しています。

角質細胞がレンガのように並び、その細胞と細胞の間にセメント剤のように細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)が存在することによって、水分を保持し、外界からの異物の侵入を防いでいます。



乾布摩擦が肌を傷つけるとはどういうこと?


乾布摩擦によって皮膚を強くこすることで、このわずか0.02ミリの角質層はまたたく間に損傷を受けてしまいます。

角質層で重要なはたらきをする細胞間脂質やNMFは取り除かれ、層構造は崩れてしまい、角質層の保水機能やバリア機能は大きく低下します。

そうなると、皮膚は乾燥し滑らかさを失います。

また、有害物質の皮膚内部への侵入を許すこととなり、皮膚に炎症が起きやすくなってしまいます。

炎症が起きると、炎症のあとにはメラニン色素が増えやすくなりますので、皮膚の色が黒ずんだりすることもあります。

入浴時に、ヘチマやブラシあるいはナイロンタオルで体をゴシゴシ洗うのも同様におすすめできません。

角質層が損傷を受け、皮膚が乾燥しカサつきやカユミが発生しやすくなります。



健やかな肌を保つためには強くこすらない!


乾布摩擦にしろ、入浴時の洗浄にしろ、肌を健やかに保つためには、皮膚を強くこするという行為は避けなければなりません。

ちなみに、健康的な皮膚であれば、角質層における不要な古い角質細胞は、日々少しずつ表面から垢として剥がれ落ちていきます。

ゴシゴシ強くこする必要はありません。

強くこすることで、まだ皮膚表面に残存しておくべき角質細胞まで取り除いてしまうことになります。

心配なのは、角質層に損傷を与え、肌の保水機能やバリア機能を低下させてしまうことです。

入浴時の洗浄については、手あるいはやわらかいタオルなどで、洗浄剤を泡立てて、決して強くこすらずに優しく洗うのが良いでしょう。

これで、取り除くべき汚れや古い皮脂、さらには不要な角質などは十分に洗い流すことができます。

このように考えると、血行改善などプラス面もありそうな乾布摩擦でありますが、皮膚をゴシゴシこすってしまう行為そのものは、皮膚健康という面ではあまりおすすめできないかもしれません。


[関連ブログ記事]寒い冬の美肌対策・乾燥防止は毎日の入浴から




モルトリーチェのスキンケアについての考え方は、健康な肌であれば本来有している「肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートすることで若々しく美しい肌を維持しようということです。

モルトリーチェスキンケア化粧品の詳細については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでご案内しておりますので、是非ご覧ください。




初投稿:2006/12/08
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※7/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード