MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

化粧品の原料・配合成分について

コラーゲンについて〜そんなこと言っていいの?


先日、とあるドラッグストアに入ったところ、そこの従業員の方が店内放送で某スキンケア化粧品の宣伝をしていました。

その内容はというと・・・

「今やコラーゲンは肌から直接吸収する時代!この〇〇化粧品は全アイテムにコラーゲンを配合しています。コラーゲンを肌から直接皮膚内部に浸透させることで、ハリとツヤのある肌をつくります!」

こういったセールストークを店内放送でやってるわけですが・・・

そんなこと言っていいのでしょうか?

これはお客様に大きな誤解を与える表現だと思います。

コラーゲンが美容に良いというのは、今や疑う余地のないこととして認識されているようですが・・・

コラーゲンがどういった成分で、美容面で肌にどういう効果があるのかというのは、案外知られていないのではないでしょうか。

[関連ブログ記事]コラーゲンについてありがちなトーク



コラーゲンは皮膚の弾力性を保つ重要成分


コラーゲンは、体内の様々な部位(真皮、靱帯、腱、骨、軟骨など)を構成するタンパク質のひとつです。

美容という観点からは、真皮に存在するコラーゲンが重要になります。

皮膚は、最上層から表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれていて、この中で真皮層は肌の弾力性を支えています。

コラーゲンは、この真皮の70%ほどを占める構成成分で、真皮内で線維を形成し網状に広がっています。

さらに、エラスチンという別の線維成分がコラーゲン線維を束ねるような状態で存在します。

コラーゲン線維とエラスチン線維でしっかりと網状構造を形成し、その間にヒアルロン酸などの保湿成分が存在し、真皮層はスポンジのように弾力性を維持しています。

しかし、加齢や紫外線の影響などにより、真皮のコラーゲン線維やエラスチン線維などは、その量が少なくなったり、機能が劣化したりしてきます。

若い頃はピンと張ったような網状構造が次第に緩んだ状態に変性し、さらにヒアルロン酸などの保湿成分も少なくなり、真皮は弾力性を失ってきます。

このように真皮層が衰えて弾力性を失うと、皮膚はハリを失い、シワやタルミが生じてきます。

ですから、コラーゲンがシワやタルミの無い若々しい肌を保つためにたいへん重要な成分であるというのは間違いないことです。



化粧品でコラーゲンを真皮に補給できない!


だったら、コラーゲンを化粧品で補給してあげれば、真皮の弾力性を取り戻し、若々しい肌に戻すことができるのかというと、そうそう簡単にはいきません。

まず、コラーゲンは巨大な分子量の成分ですから、肌に塗ったとしても、角質層を通り抜け、表皮を突き進み、真皮まで到達することは有り得ません。

コラーゲンが真皮まで到達しないということは、コラーゲン配合の化粧品を使っても、真皮のコラーゲン不足を直接的に補うことにはならないということです。

また、最近ではコラーゲンを低分子化し(小さくし)、真皮まで到達できるようにしたというものもあります。

しかし、コラーゲンを低分子化したといっても、それはコラーゲンというタンパク質をペプチドに分解したものであり本来のコラーゲンとは異なります。

仮に真皮まで到達したとしても、真皮のコラーゲンの代わりが果たせるのか疑問です。

真皮におけるコラーゲンの役割というのは、線維成分としてピンと張った網状構造を形成することで弾性を保つことです。

本来のコラーゲンではない、コラーゲンペプチドがその役割を果たすのかどうか・・・?

それに、真皮の弾力性維持には、コラーゲン線維だけではなく、エラスチン線維も必要ですし、水分を保持するヒアルロン酸などの保湿成分も必要です。

単に、コラーゲンやコラーゲンペプチドを肌から補給したからといって、真皮の状態に対して直接的にプラス効果をもたらすものではありません。



コラーゲンを化粧品に配合する意味合いは?


それでは、化粧品にコラーゲンを配合しているのは無意味なのかと言いますと、そうではありません。

コラーゲンは、それ自体が高い保湿性を持っています。

肌に塗ることで、肌の潤いをしっかりと保つとともに、肌表面に薄い皮膜を形成し、たいへん滑らかな感触を与えることが出来ます。

こういった作用からすると、冒頭で紹介したドラッグストアの店内放送のうち、肌にツヤを与えるという表現は間違いではないかもしれません。

また、化粧品に配合のコラーゲンを直接的に真皮に補給し、肌の弾力性を回復させることは難しいと思いますが・・・

コラーゲンを肌に塗ることが、肌表面、特に角質層の状態を健全に保つことにつながれば、それは真皮の状態にも良い影響を与えます。

真皮のコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸といった重要成分は、真皮の線維芽細胞によってつくり出されます。

肌表面が不健全な状態、例えば水分不足で乾燥している、またバリア機能が低下し肌荒れが生じている状態・・・

こういった状態においては、表皮の新陳代謝にも乱れを生じさせますし、それが真皮の線維芽細胞の活性にも悪影響を与えます。

こういったことから考えると、コラーゲンで肌表面の潤いを保ち保護することは、間接的な作用ではありますが、真皮の弾性を維持することにつながります。

肌のハリを保つために多少なりともプラス効果を期待できると言えます。

ただ、肌のシワやタルミは、真皮の主要成分コラーゲンが不足し発生するのだから、コラーゲンを肌に塗って補給すれば、真皮のコラーゲン不足を解消し若々しい肌が保てる・・・というのは明らかに言い過ぎです。



モルトリーチェ化粧品も全品にコラーゲンを配合していますが、これは、肌の潤いを保ち、滑らかさやツヤを与えるために有効と考えるからです。

健やかな肌状態を保つには、皮膚最上層の角質層が規則正しい層構造を維持し、水分をたっぷり保持するとともに、バリアとしての機能を果たすことがたいへん重要です。

高い保湿性と皮膜効果によって、肌の状態を整え、見た目にはしっとりした滑らかな肌を保つことが、コラーゲンに期待される成分効果だと思います。

よかったら、モルトリーチェの公式サイトもご覧ください。




初投稿:2011/01/17

化粧品の基本性能?ベース成分について


化粧品は様々な原料・成分により造られています。

そして、多くの化粧品会社がその商品の優秀性をアピールするために、コラーゲン配合とか、ヒアルロン酸配合とか、保湿成分や美白成分など美容成分の配合を強調したりします。

しかし、化粧品はそういった美容成分と言われるようなものだけでは造れません。

化粧品は、大まかに言うと、化粧品ベース(基剤)が70%〜90%を占め、そこに各種の美容成分、香り成分、あるいは品質保持のための成分などが加わって造られます。

ただ、ある種の美容成分の配合ばかりが注目され、化粧品の土台部分と言えるベース成分についてはあまり関心がそそがれていないようにも思います。

例えば、「天然〇〇成分配合」などと銘打った化粧品があったとしても、そういった化粧品のベース成分は果たして天然由来成分なのでしょうか?

もしかすると、天然成分でつくった化粧品という印象を与えながら、実は天然由来成分はほんの数%ということもあるかもしれません。

化粧品選びにおいては、効果のありそうな美容成分の配合も大切ですが、その前に化粧品ベースがどのような原料あるいは成分で構成されているのかということも重要です。

化粧品の基本性能というのは、主にこの化粧品ベースで決まるためです。



化粧品ベースの基本構成について


化粧品ベースは、基本的には、水と油そして界面活性剤によって構成されます。

化粧水であればそのほとんどは水分ということになりますし、乳液やクリームなどは、水分と油分、そしてそれを混ぜ合わせるための界面活性剤で構成されます。

そして、各メーカー、各化粧品によって、どのようなベース成分が使われているのかも違います。

使用されている油分は、鉱物油系なのか植物由来系の油脂成分なのか?どういう考えで、何から得られた油脂成分なのか?

界面活性剤についても、どのような界面活性剤を使用しているのか?

化粧品ベースこそが、化粧品の品質を左右するたいへん重要な要素です。

肌への馴染みの良さや使用感などは、この化粧品ベースによって決まります。

肌の潤い保持、保護作用、さらには刺激性や安全性などについても、化粧品ベースによって変わります。



肌馴染みに優れたモルトリーチェの化粧品ベース


モルトリーチェ化粧品は、様々な保湿成分や美容成分を配合していますが、最大の特長はその化粧品ベース成分にあると言えるかもしれません。

モルトリーチェ化粧品は、「肌本来の機能=肌が自ら美しくなろうとする力」の維持を目的としています。

そのためには、肌に負担をかけない、肌に馴染みの良い、自然な使用感の化粧品であることがまず重要です。

そのうえで肌本来の機能(保湿機能・バリア機能など)をサポートする化粧品でなければなりません。

こういった考えに基づき、モルトリーチェの化粧品ベースは、肌に対して自然なもの、あるいは肌成分に類似したものを、海と大地の恵みに求め化粧品の原料にしています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェ化粧品の商品設計(原料・成分)

[公式サイト内ページ]モルトリーチェ化粧品の化粧品ベースについて


モルトリーチェの化粧品ベース〜皮脂成分類似&植物由来の原料


モルトリーチェ化粧品で使用されている油性成分は、全て植物由来の油脂成分により構成されており、鉱物油(石油系の油)は一切使用されておりません。

これは、私たちの肌表面に存在する皮脂の構成成分に限りなく近い化粧品を目指したためです。

健康な肌の表面には、皮脂や汗によって構成された天然のクリーム「皮脂膜」が存在し、乾燥や外界の刺激から肌を守ってくれています。

しかし、加齢とともに皮脂の分泌が減少したり、洗顔などでこの天然のクリームが除かれたりすると、肌は乾燥しやすくなり、トラブルも発生しやすくなります。

皮脂の不足が肌老化の大きな原因のひとつでもあります。

モルトリーチェでは、皮脂の不足を補うために、また、肌にやさしく馴染みの良い化粧品であるために、皮脂成分に類似した成分を自然界に求め採用しました。

その結果、モルトリーチェの化粧品ベースは、オリーブスクワラン、ホホバ油、大豆脂肪酸 など植物由来の皮脂類似成分によって構成されています。

なお、皮脂自体は私たちの皮膚から分泌される100%天然のクリームですから、時間が経過すると酸化・変質してしまいます。

モルトリーチェでは、精製に精製を重ね、酸化・変質の原因物質を取り除いています。




モルトリーチェの化粧品ベース〜天然系&アミノ酸系界面活性剤


界面活性剤は、水分と油分といった通常は馴染みあわないものを混ざり合わせるために、化粧品造りには不可欠です。

界面活性剤は人にも環境にも有害なものと考える方もいらっしゃるようですが・・・

界面活性剤が危険物質だという意見や情報については、界面活性剤をよく理解していない間違った考え方に基づいたものや、商品の宣伝のために界面活性剤の危険性を必要以上に煽っているものが多く見受けられます。

実際のところ、高品質な化粧品造りには、界面活性剤はどうしても必要です。

界面活性剤がなければ、水分と油分を混ぜ合わせる乳液やクリームなどの乳化物(エマルジョン)を造ることができません。

また、洗浄効果を与えることができませんし、美容成分を化粧品ベースに溶かし込むことも難しくなってきます。

ですから、界面活性剤フリー(不使用)を謳っている商品や、界面活性剤悪玉説を主張する化粧品会社の商品でも、よくよく成分を見てみると、実際には界面活性剤なるものを使っていたりします。

大切なのは、「界面活性剤=悪」だと全否定するのではなく、膨大な種類がある界面活性剤の中から、どの界面活性剤を利用するかということです。

ちなみに、石けんも油(脂肪酸)と水酸化ナトリウムあるいは水酸化カリウムにより合成された合成界面活性剤のひとつです。

製品として安定した高品質な化粧品を造る以上、界面活性剤は必要ですが、肌への刺激は極力抑えた安全性の高いものでないといけません。

モルトリーチェ化粧品で使用している界面活性剤は、大豆など植物由来の脂肪酸系の界面活性剤や、安全性の高いアミノ酸系界面活性剤や、天然由来の界面活性剤とも呼べるレシチンなどです。

安全性にも配慮しながら、界面活性剤として十分に機能するよう、これらの界面活性剤を併用しています。

また、環境問題への配慮からも、生分解性の良い(細菌などの微生物などにより簡単に分解される)界面活性剤を使用しています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェ化粧品の商品設計(原料・成分)

[公式サイト内ページ]モルトリーチェ化粧品の化粧品ベースについて



ベース成分は化粧品の品質だけでなく、その製造コストにも大きく影響を与えます。

化粧品の70%〜90%がベース成分が占めるわけですから当然のことでもあります。

単に、〇〇成分配合だから高級で優秀な化粧品ということではありません。

化粧品の基本品質はそのベース成分によってかなりの部分が決まってくるのであって、そこにプラスして各種美容成分が配合され、美容効果を高めていくものです。

肌にやさしく馴染みの良い化粧品を目指したモルトリーチェの最大の特長は、そのベース成分へのこだわりと言っても過言ではありません。



モルトリーチェ公式サイトトップページは下のリンクからどうぞ。




初投稿:2007/10/27

モルトリーチェの香りについての考え方


モルトリーチェ化粧品は、3種の植物精油を使用して、香り付けを行っております。

化粧品の香りについては、別のブログ記事「化粧品の香り・・・必要?それとも不要?」でも取り上げたことがありますが、再度モルトリーチェの化粧品の香りについての考え方をご説明いたします。



化粧品の香りについてモルトリーチェの考え方


化粧品には、原料臭を消したり、イメージアップのためであったり、様々な理由により、昔から香料が使用されてきました。

この数十年は「無香料」という表示の化粧品をよく見かけます。

実際そういった化粧品を好まれる方も多いようです。

「無香料」表示の化粧品が好まれるのは、「香料は肌への刺激物であり皮膚トラブルの原因となる成分なのでは・・・?」と心配している人がそれだけ多いということだと思います。



確かに、かつては、化粧品による皮膚トラブルが多かった時代もありました。

それは数々の化粧品素材・配合成分が合成されて使われてきたことも関係していますし・・・

何が原因でトラブルを起こすのか、まだまだ十分に解明されてなかった時代でもありました。

そういった中、ある種の香料成分が界面活性剤と一緒になって皮膚に浸透し、紫外線の作用で皮膚障害を発生させるケースがあったのも事実です。

しかし最近では、安全な成分は何か、刺激のある成分は何か、というのがかなり分かってきました。

浸透性の強い界面活性剤についても良くわかっていますし、光によってアレルギーをおこす香料成分は何かという事も明確になってきました。



一般的に化粧品に使われる香料は、調合香料(いわゆる合成香料)といって数十種類の単品香料の混合物です。

過去に大きな社会問題にまでなった化粧品による皮膚トラブルは、ある種の単品香料も原因のひとつと言われました。

その結果、「無香料」化粧品というものが登場してきたわけです。

しかし現在では、どの単品香料に刺激が有るのか、どの単品香料に刺激が無いのか、という事が実証されています。

また、化学構造からも判断できるようになってきています。



以前は、原料臭を抑えるために香料を配合していたという一面もありましたが、化粧品素材の精製技術の進歩によって素材そのものの原料臭も少なくなりました。

その結果、原料臭を消すために配合する香料は極微量でよくなりました。

「香料がアレルゲンとなってアレルギーを引き起こす・・・」と心配する方もいますが、現在ではアレルギーを引き起こすほど多量な香料を配合している化粧品はほとんど無いでしょう。

また、分析技術や精製技術の進歩もあり、現在化粧品に配合されている香料は、刺激の原因となるものが取り除かれ、たいへん純度の高い成分となっています。

よって、皮膚組織に抗体を作ることはあまり考えられません。

つまり、抗原(アレルゲン)としてアレルギーを引き起こす原因物質となる可能性は少ないと言えるのです。



過去に大きな皮膚トラブル事件の原因と考えられため(もちろん全ての香料ではなくある種の香料なのですが)、化粧品に使用する香料には何となくマイナスイメージがつきまといます。

しかし、現在では香料による皮膚への刺激という問題はかなりの部分でクリアされていると思います。

化粧品製造技術が進展するなか、単純に「香料=肌への刺激物」というのは少々古い考え方(あるいは消極的な考え方)かもしれません。

むしろ、香りの持つプラス部分を活用し、肌健康の維持につなげるというのが新しい考え方ではないでしょうか。

また、香料の中には、刺激物となるものばかりでなく、皮膚の炎症を抑えるなど、肌にプラスに作用するものもあります。

さらに、香料には、殺菌・防腐・消毒などの作用がありますので、香り付けという目的以外に、保存剤としての機能も果たしています。

もし、香料を使わなかったら、余分に殺菌剤や防腐剤などを使わなければならないケースだってあるからです。



3種の植物精油を採用〜モルトリーチェの癒しの香り


「無香料」表示の化粧品が好まれているという現状はありますが・・・

モルトリーチェでは、香料の安全性が確認できるのであれば、香りによるプラスの効果を化粧品に活用すべきであると考えました。

ただ、一般的に化粧品に使用されてきたいわゆる合成香料(調合香料)は、安全性は高くなったとは言え、完全に信頼できるかどうかという心配もあります。

また、そういった香料を使った人工的な香り付けによってプラスの効果が引き出せるのかという疑問もあります。

そのため、モルトリーチェでは「調合香料」は使用せずに、安全性が高い「植物精油」を使用することによって、仄かな癒しの香りを化粧品に与えることにしました。

言うなれば、アロマテラピーの考え方を導入することによって心身の健康維持をサポートしたいということです。

モルトリーチェで使用している植物精油は、ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、レモンセントティーツリーオイルの3種類です。



この3種類の植物精油は、いずれも古くから様々なシーンで使用されてきました。

そういった長い歴史の中で、その安全性や有用性が認められたものと言えるでしょう。

また、人によっての好き嫌いが比較的少ない香りでもあります。

ただ、安全性の高いな植物精油と言えども刺激性は皆無ではありません。

3種の植物精油の香りのバランスや強弱を調整するとともに、配合量は極微量とし、若干弱めの仄かな香りとしています。



[関連ブログ記事]化粧品の香り・・・必要?それとも不要?



モルトリーチェ化粧品は、健康な肌であれば本来有している「肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートします。

モルトリーチェスキンケア化粧品の詳細については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでご案内しておりますので、是非ご覧ください。




初投稿:2008/12/18
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※12/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード