MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

マッサージについて関連記事

顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿


顔のマッサージは、いったい何のために行うのでしょう?

肌を若々しく保つためにマッサージを行いましょうと言いますが、具体的にはどういう効果があるのでしょうか?

本当にそういった肌の若返り効果や美肌効果があるのでしょうか?

顔のマッサージについては、美容の専門家と言われる人たちの中にも、ほとんど効果は無いという人や、むしろ肌にとって害悪だと言う人までいるようです。

化粧品会社の多くは、美肌づくりのためにマッサージしましょうということで、マッサージに使えるクリームを製造し販売しているわけですが・・・

よく化粧品の販売員さんが「マッサージはお肌の美容体操です」という言い方をします。

一瞬「なるほど」とは思いますが、これも何となく分かったようで分からないような表現です。

美容体操は身体を動かして代謝を高め余分な脂肪を燃焼させようとか、筋肉を鍛えようとか、それによって見た目にもカッコよく、そして病気になりにくい健康的な身体を維持しようということで行います。

顔のマッサージの場合、「お肌の美容体操」といっても・・・

顔の脂肪を燃焼させようとか、顔の筋肉を鍛えようとか、そういうのは難しいといいますか・・・

そういった目的で長時間にわたり力を入れたマッサージを行いますと、時にはそれが刺激となって肌トラブルが起きることがあります。

また、強くこするという行為が肌(角質層)の保湿機能を低下させ肌乾燥を引き起こす心配もあります。



顔のマッサージの目的は・・・?


それでは、顔のマッサージは、何のために行なうのかというと・・・

マッサージの効果として、シワやタルミの解消などがあげられることがあります。

しかし、マッサージでアイロンのごとくシワを伸ばしたり、たるんだ皮膚を持上げたりとか、そういった物理的効果があるわけではありません。

マッサージクリームなどの化粧品を利用して自宅で行なう顔のマッサージというのは、皮膚の下の脂肪や筋肉の層にまで作用を与えるというものではありません。

その上の真皮層へと流れ込む毛細血管の流れをスムーズにするために行ないます。

皮膚温を高め血行を促進することで、肌細胞の活性に必要な栄養分の補給を促し、新陳代謝を活発にすることがその目的です。



適正な新陳代謝が肌に潤いを与える


健康的な肌においては、細胞が常に活発に増殖し、新しい細胞が生まれた分、古い細胞が死んで排除されていきます。

新しい細胞は、表皮の最下層である基底層で生まれ、最上層の角質層まで押し上げられていきます。

角質層では、死んだ細胞となって、最終的にはアカとなり肌表面から剥がれ落ちていきます。

この過程を肌の新陳代謝(ターンオーバー)といいます。

肌細胞(表皮細胞)の一生といえるこの新陳代謝は、毛細血管から染み出た組織液を栄養分として行なわれます。

肌がしっとりと潤いつややかな状態というのは、角質層が規則正しい層構造で、そこに細胞間脂質やNMF成分などの潤い成分が存在している状態です。

そして、そういった健全な角質層は、適正な新陳代謝が行なわれることによって形成されます。

新陳代謝が加齢により鈍化したり、何らかの理由により乱れが生じたりすると、角質層の層構造が乱れ、潤い成分も不足し、保湿機能やバリア機能が低下した状態となります。

肌はカサつき、滑らかさを失い、くすみがちになります。

また、バリア機能の低下から肌トラブルも発生しやすくなります。



顔のマッサージの究極の目的は保湿


顔のマッサージは、こういった新陳代謝の機能の衰えからくる肌の乾燥やトラブルを防ぐために行ないます。

適切なマッサージを日々規則正しく行なうことで、血行を促進するとともに、古い角質が剥がれ落ちていくリズムを整える。

そして、新陳代謝を適正に保ち、健全な角質層を形成することで、肌の保湿機能やバリア機能を維持する。

つまり、顔のマッサージの究極の目的というのは、肌の保湿力を高め、潤いのあるつややかな肌を保つことにあると言えます。

なお、肌の潤いを保つということは、肌老化の進行を防ぐことにもつながり、真皮の状態にも良い影響を与えます。

直接的ではないものの、マッサージがシワやタルミの防止にも寄与することになります。



顔のマッサージは肌に負担をかけないようにやさしく


さて、顔のマッサージは、毛細血管の血流をよくするために行うと考えれば、何も強い力で肌をこする必要はありません。

力を入れすぎたり、肌に対して強い摩擦を与えると、それは角質層の層構造を乱し、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう心配があります。

マッサージそのものが肌への刺激ともなってしまいます。

また、長時間のマッサージや頻繁なマッサージも、同じような理由から、肌に対して負担をかけることになってしまいます。

顔のマッサージについては、毎日短時間(3分〜5分程度)のマッサージを継続して行なう。

そして、決して強くこすらずに、やさしく行なうことが大切です。

肌への負担を抑えながらマッサージを行なうには、マッサージ用のクリームを是非お使いいただきたいと思います。

マッサージ用クリームを使うことで、手指の滑りが良くなり、肌に対する摩擦を少なくするとともに、肌に潤いを与えながら気持ちよくマッサージすることができます。

もちろん、マッサージ用クリームも肌に負担を与えない、低刺激の製品を選ぶべきです。

それから、肌にトラブルがある場合は、マッサージが刺激となって状態を悪化させる心配がありますので、マッサージはお控えください。



なお、マッサージの方法等については、以下のページをご参照ください。

[関連ブログ記事]マッサージの方法

[公式サイト内ページ] モルトリーチェスキンケア商品使用方法



化粧落としにもマッサージにも使えるモルトリーチェのクレンジングクリームを以下のページでご案内しています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェクレンジングクリームのご案内




初投稿:2010/10/29

マッサージが肌乾燥を防ぐ理由


肌乾燥を防ぐと言われる方法はいろいろあります。

多くの方がご自分に合うお手入れ方法をお探しのことと思います。

今日は保湿対策として肌のマッサージをおすすめしたいと思います。



マッサージの目的は?


マッサージは何のためにするのかというと、若々しい肌を保つためとか、シワやタルミを防ぐためとか言われます。

そういう言い方が分かりやすいのかもしれませんが、マッサージの最大の目的は血行を良くして、肌の新陳代謝が適正に行われるようにサポートすることです。

特に冬場は、温度が下がり、どうしても血行が悪くなってしまいますが、マッサージをすると明らかに皮膚温が上昇し、血行が良くなっていることが分かります。

血行が良くなると、毛細血管から肌細胞への栄養分がスムーズ供給されるようになり、新陳代謝にプラスの影響を与えてくれます。



適正な新陳代謝が肌に潤いを与える


新陳代謝というのは、表皮基底層で生まれた細胞が少しずつ皮膚表面へ押し上げられていき、角質細胞としてとどまった後、垢として剥がれ落ちていくといった一連のサイクルを言います。

新陳代謝は、一般的に肌の生まれ変わりとも言われ、肌が若々しくあるためにたいへん重要な機能なのですが、肌の潤い機能にも直接的に影響を与えます。

肌の潤い機能(水分保持機能)は、皮膚最上層の角質層が規則正しい層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分が存在することで維持されています。

この角質層の層構造は、新陳代謝が適正に行われることで形成されますし、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分も新陳代謝の過程によってつくられます。

ですから、新陳代謝の乱れや鈍化というのは、肌(角質層)の潤い機能を低下させてしまい、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

肌が乾燥すると、さらに新陳代謝は乱れますから、どんどん肌乾燥スパイラル(悪循環)ということになってしまいます。



日々のマッサージで新陳代謝をサポート


こういったことにならないように、日々のマッサージをおすすめします。

血行が悪くなりがちな冬場は、マッサージを継続することが新陳代謝のサポートにつながり、それが有効な保湿対策にもつながります。

なお、マッサージは毎日行うべきすが、かといって肌への負担となってはいけません。

マッサージクリームは肌にマイルドなものを選び、マッサージを行う際は肌に対して決して強い摩擦を与えずにやさしく行いましょう。



マッサージの目的や方法については以下のブログ記事でもご案内しています。

[関連ブログ記事]顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿

[関連ブログ記事]マッサージの方法



モルトリーチェ公式サイトの以下のページでもマッサージの方法や注意点をご紹介しています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法




初投稿:2009/12/01

マッサージの方法について


このブログ記事では、モルトリーチェのスキンケア化粧品を使ってのお顔のマッサージの方法についてご案内しています。

スキンケア商品のご使用方法については、以下のブログ記事をご覧ください。

[関連ブログ記事] モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法



肌の血行が悪くなると、肌機能が低下しがちです。

シワ・たるみ・くすみといった老化現象の進行を遅らせるためには、日々のお手入れを規則正しく行うことが大切です。

マッサージによって血液(毛細血管)の流れを良くし、肌細胞の再生(ターンオーバー)がスムーズに行われるようサポートしましょう。



マッサージの注意点について




マッサージ用のクリームは使用量に注意しましょう(クレンジングも同様)。

量が少ないと、肌をこすることになってしまい、肌への刺激となってトラブルの原因となります。



マッサージは指先ではなく、指の「腹」部分か手のひら全体を使い、筋肉の流れに沿って正しく行ないましょう。



マッサージは毎日行います。

ただし、長時間のマッサージは、肌に対して刺激となりますのでさけてください。

3分〜5分で十分です。



ニキビや吹出物が化膿している時、日焼け後、肌にほてりがある時などは、マッサージは控えてください。

その他、肌に何らかの異変が生じている場合は、マッサージは控えてください。



ツメなどで肌を傷つけないように注意してください。





マッサージの手順・方法について


マッサージの方法については、下の図をご参照ください。
1〜6の手順に従ってマッサージを行ないます。




クレンジングクリームを顔全体に伸ばし、額中央から額の両端に向けて、額を引き上げるようにらせんを描きながらマッサージします。

最後にこめかみを抑えると疲れがとれやすくなります。




目のまわりはデリケートな部分です。

眼頭神経を抑え、やさしく円を描くように指をすべらせます。

最後にまぶたの下を目頭から目尻の方向に指を滑らせて、こめかみを抑えます。




鼻筋は上から下へ、鼻の側面は上下に往復します。

小鼻は、小鼻のまわりを下から上へ往復します。




口のまわりは半円を描くように下から上へ往復します。




頬は指全体を使ってらせんを描くようにマッサージし、最後にこめかみを抑えます。




顔の中心から外に向かって、手のひら全体で軽く圧迫しながら、やさしく伸ばします。




商品のご使用方法やマッサージの方法については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでもご覧いただけます。

[公式サイト内ページ] モルトリーチェ商品のご使用方法



マッサージに関連した以下のブログ記事もよかったらご覧ください。

[関連ブログ記事] 顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿


初投稿:2017/01/25
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※7/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード