MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

洗顔フォームについて関連記事

肌乾燥防止の基本対策〜まずは正しい洗顔から!


肌老化の最も大きな要因の一つは「肌の水分不足」です。

肌に十分な水分が保持されてないと、肌乾燥から「シワ」「肌荒れ」「たるみ」などの肌老化、さらには「バリア機能低下による肌トラブル」「ターンオーバーの乱れ」「シミ・クスミ・皮膚の硬化現象」へもつながります。

つまり肌の水分不足というのは、あらゆる肌老化・肌トラブルの原因となってしまうのです。

肌の保湿対策というと、化粧水・乳液・美容液・クリームなど、皮膚に塗布するスキンケアを思い浮かべますが、本来健康な肌には「自ら水分を保とうとする力=保湿機能」があります。

この肌本来の保湿機能を守るというのも、重要な保湿対策と言えます。

そして、そのキーポイントは毎日の洗顔です。

肌を乾燥から守るためには、まずは正しい洗顔を行うことが基本です。

今回は、肌の保湿機能と洗顔の関係についてお話ししたいと思います。



肌の健康は、角質層で決まる!


皮膚は3つの層から成り立っています。

肌表面から順に、表皮、真皮、皮下組織です。

表皮は約0.2ミリ、真皮でも2ミリという薄さです。

表皮はさらに、4つの層(基底層・有棘層・顆粒層・角質層)に分かれています。





そして、私たちが直接手で触れることの出来るのが、表皮の最も外側にある角質層というわずか0.02ミリほどの部分です。

肌が滑らかであるとか、乾燥してカサカサしていると感じるのはこの角質層の状態を表しています。

角質層は、活動を停止した細胞が20層ほど重なり、その細胞と細胞の間にNMFなどの天然の保湿成分や細胞間脂質が存在し、肌の潤いを守るとともに、有害な成分が肌内部に浸透しないようバリア機能を有しています。

ちょうどレンガを20段ほど交互に積み上げ、そのレンガとレンガの間を、NMFなどの保湿成分や細胞間脂質が、まるでセメントでレンガブロックを固定するかのように埋まっています。

レンガが整然と並んだ状態は表面が滑らかになっていますが、所々でレンガがめくれ上がった状態になると肌は、ざらざら・カサカサを感じることになります。

こうなるとそこに隙間が出来るわけですから、表皮内部の水分が蒸発して肌はますます乾燥して角質層の構造が崩れ、皮膚表面に細かな小じわが出来てきます。

また、角質層の構造が崩れると、その隙間から肌に有害な雑菌や成分が進入して、様々な皮膚トラブルが発生しやすくなります。

これが、いわゆるバリア機能の低下ということです。



誤った洗顔が肌の保湿機能を低下させる


肌の保湿対策というと、化粧水・美容液・クリームなど、肌に塗布するお手入れを連想しがちですが、その前に毎日の洗顔にも注意が必要です。

実は、誤った洗顔方法によって、肌本来の保湿機能を損傷し、肌乾燥の大きな原因となっていることも多いのです。

洗顔は、皮膚表面に付着した様々な汚れをきれいに取り除くために行います。

汚れというのは、汗や皮脂、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、ある種のアレルギーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料など、実に様々です。

こういった皮膚に付着する物質・成分を取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくすることが、肌を健やかに保つためには必要です。

ですから、毎日の洗顔が重要になるわけですが・・・

このときに、洗浄力が強すぎる洗顔料を使用したり、肌を強くこするような洗顔を行ったりすると、肌の保湿機能を低下させてしまう可能性があります。

肌を強くこすったり、洗浄力の強い洗顔剤を使用したりすると、角質層の層構造を傷付け、必要な皮脂や細胞間脂質・NMF成分、あるいはまだ肌にとどまっておくべき角質細胞までを奪ってしまうからです。

そして、誤った洗顔方法を続けると、肌に過剰な刺激を与え、肌の潤いを奪うだけでなく、角質層の保湿機能・バリア機能そのものを低下させ、肌の老化現象や肌トラブルを引き起こしてしまうのです。



乾燥を防ぐ正しい洗顔方法


洗顔する際は、以下の点に注意しながら、肌の保湿機能を損傷しないように気をつけましょう。


ポイント1 水温


体温よりやや低めのぬるま湯を使いましょう。

冬場は熱い湯を使いがちですが、熱すぎる湯は必要な成分まで取り除き、肌への刺激も大きく、乾燥の原因ともなってしまいます。


ポイント2 予洗い


洗顔フォームを使う前になるべく予洗い(ぬるま湯で2〜3回ほど)することをお勧めします。


ポイント3 洗顔方法


洗顔は泡で顔を包み込むように、やさしく、決してこすらずに、洗うのが基本です。

洗顔フォームをたっぷりと泡立てて使いましょう。

脂が浮きがちなTゾーンは特に丁寧に。

※ナイロンタオル等での洗顔は、肌への刺激となり、シミなどの原因となる場合がありあますので、使用は極力避けましょう。


ポイント4 すすぎ


洗顔後のすすぎは十分に(15回〜20回)行いましょう。

額の髪の生え際、小鼻のわき、あごのラインは洗顔剤が残りがちですので、特に丁寧に。


ポイント5 拭き取り


洗顔後、柔らかめのタオル等にてやさしく抑えるように、お顔の水分を拭き取ってください。決して強くこすらないように!



当ブログ内記事やモルトリーチェ公式サイトでも正しい洗顔についてご案内していますので、是非ご覧ください。

[関連ブログ記事] 肌乾燥を防ぐ正しい洗顔方法

[公式サイト内ページ] スキンケア化粧品ご使用方法



肌の保湿機能を守る
モルトリーチェのやさしい洗顔



モルトリーチェの洗顔フォームは、洗顔による保湿機能の低下を防ぐように設計された洗顔フォームです。




驚くほどきめ細かな泡がたっぷりと立ちます。洗顔成分は肌に優しいアミノ酸&植物系。

汚れをキレイに洗い流しながらも、洗顔による肌の損傷や保湿機能の低下が無いように配慮しています。

海由来の高保湿成分や美容液成分、各種植物エキスをふんだんに配合しています。

洗顔後のお肌は、しっとり・やわらか!洗顔しながらプルプル肌が実感できる洗顔フォームです。

商品についての詳細は以下のページをご覧ください。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェウォッシングフォームのご案内


初投稿:2006/08/09

肌乾燥を防ぐための正しい洗顔方法


このブログ記事では、正しい洗顔の方法についてご案内しています。

スキンケア商品のご使用方法については、以下のブログ記事をご覧ください。

[関連ブログ記事] モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法






スキンケアの基本は、洗顔により肌を清潔にすることです。

洗顔は、肌に残ったクレンジング剤やほこり、古い皮脂や角質を取り除くために行います。

しかし、洗顔の方法を誤ると、肌に過剰な刺激を与えたり、肌の潤いを奪ってしまったり、肌トラブルの原因となることがあります。

以下の点に、注意しながらやさしく洗顔を行いましょう。



洗顔時の水温について


水または体温よりやや低めのぬるま湯を使いましょう。

冬場は熱い湯を使いがちですが、熱すぎる湯は必要な潤い成分まで取り除き、肌への刺激も大きく、肌乾燥の原因にもなってしまいます。



予洗いをおすすめします


洗顔フォームを使う前に、なるべく予洗い(水またはぬるま湯で2〜3回ほど)することをおすすめします。

また、手もきれいに洗っておきます。

クレンジング後の洗顔の場合、モルトリーチェのクレンジングクリームは、水で洗い流すタイプですので、クレンジング後のお肌は予洗いされた状態となっております。

そのまま洗顔フォームをよく泡立てて、わずかに残ったクレンジングクリームの油分やその他の汚れを洗顔によって洗い流してください。



十分に泡立てましょう




洗顔フォームを1.5cm〜2cmほど手のひらに出します。

水を少しずつ加えながら、両手で丁寧に泡立てて、手のひらいっぱいくらいの大きなクリーム状の泡をつくりあげます。

手だけで大きなクリーム状の泡をつくりあげるには少々手間がかかるかもしれません。

泡立てネットを利用されますと簡単に豊かな泡が得られますのでおすすめします。



時々、洗顔フォームを両手で数回擦って軽く泡立てただけで洗顔をはじめたり、顔の上でさらにその洗顔フォームをゴシゴシやって泡立てたりする方がいらっしゃいます。

これでは、どんな優れた洗顔フォームを使っていても意味がありません。

むしろ、肌を強く擦ってしまい、肌表面を傷つけたり、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

肌への負担や刺激を防ぎながらやさしく汚れを取り除くためには、洗顔フォームを手のひらで十分に泡立てて洗顔するようにしましょう。



洗顔方法(強く擦らずにやさしく!)




洗顔は泡で顔を包み込むようにやさしく洗うのが基本です。

肌を強く擦るような洗顔は避けてください。

そのためにも、洗顔フォームをたっぷりと泡立てて使いましょう。

十分な泡が得られたら、その泡を顔の上に乗せ、泡で顔を包み込むように洗います。

おでこや鼻周辺のTゾーンは皮脂の分泌が多く、汚れが付着しやすい部分なので、まずこの部分から洗います。

小鼻のまわりは、指先を使って特に丁寧に洗います。

おでこや頬などは、手で顔肌を直に擦らないように、手と顔肌の間にクリーム状の泡が存在している状態でやさしく洗っていきます。

指先に力を入れずに、泡を振動させるように動かしながら洗うと肌に負担をかけずに洗顔できます。



すすぎは丁寧に




洗い終わったら、水またはぬるま湯でよくすすぎます(熱すぎる湯は使わないようにしましょう)。

洗顔剤が肌に残らないように、すすぎは十分に(15回〜20回)行いましょう。

額の髪の生え際、小鼻のわき、あごのラインは洗顔剤が残りがちです。特に丁寧に行いましょう。



ふきとりもやさしく擦らずに




すすぎの後は、柔らかめのタオルやガーゼなどを使い、優しく抑えるように、お顔の水分をふきとります。

決して強くこすらないようにしましょう。

洗顔後の肌は皮脂膜が取り除かれ無防備な状態です。

化粧水や乳液を使用し、潤いを保つようにしましょう。

また、化粧水や乳液は、洗顔後の肌を弱酸性に整えるはたらきもあります。



その他ご注意




ハードな洗顔(肌をこすったり、強めの洗浄剤の使用)は、必要以上に皮脂成分やNMF成分・細胞間脂質を除去してしまうため、角質層の保湿機能を低下させてしまう恐れがあります。



ナイロンタオル等での洗顔は、肌への刺激となり、シミなどの原因となる場合がありますので、使用は極力避けましょう。



泡立てネットをお使いいただくと、よりクリーミーで豊かな泡立ちが生まれます。

肌をやさしくいたわりながら洗顔していただくために、十分に泡立ててご使用ください。

ただし、泡立てネットは泡を立てるためのみにご使用ください。泡立てネットで直接お肌を洗わないでください。



モルトリーチェのウォッシングフォームは、わずかな量でも洗顔に必要な泡立ちは生まれますが、肌を十分にいたわりながら洗顔するためには、1.5〜2.0cmほどの量でご使用いただきますようおすすめします。






商品のご使用方法や洗顔方法については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでもご覧いただけます。

[公式サイト内ページ] モルトリーチェ商品のご使用方法



洗顔の重要性に関連した以下のブログ記事もよかったらご覧ください。

[関連ブログ記事] 肌乾燥の基本対策〜まずは正しい洗顔から!

[関連ブログ記事] 乾燥肌の改善策は・・・角質層の水分を守るポイント「正しい洗顔」


初投稿:2017/01/27

乾燥肌の改善策こ兌疏悗凌緤を守るポイント「正しい洗顔」


この記事は、ブログ記事 《乾燥肌の改善策ヽ兌疏悗凌緤を守るポイント「はじめに」》 の続きとしてお読みください。

上記のブログ記事では・・・

肌の乾燥は、角質層の水分不足を意味する。

慢性的な乾燥肌の場合、様々な要素が複合的に関係し、角質層の保水機能が低下した状態と言える。

角質層の水分を保つためのポイントは、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF成分」「正しい洗顔」「適正な新陳代謝」「紫外線防止」などがあげられる。

・・・といったことを書きました。

今回は、角質層の水分を守るポイントとして「正しい洗顔」をテーマとします。



角質層の水分を守るポイント「正しい洗顔」


一般的に肌の潤いを守ろうとする場合、化粧水・乳液・美容液・クリームなど、お顔に塗るスキンケアをイメージしてしまいます。

もちろん、こういったスキンケアを行うことで、皮脂膜や細胞間脂質やNMF成分の不足を補うことは、角質層の水分を保つためにはたいへん重要です。

でも、ここでもうひとつ考えないといけないのは、角質層の「水分を保とうとする力=保湿機能」を健全に保つということです。

そして、そのキーポイントは毎日の洗顔(クレンジングも含む)です。

肌を乾燥から守るためには、まずは正しい洗顔を行うことが大切です。

実は、誤った洗顔によって、角質層の保湿機能を損傷し、肌乾燥の大きな原因となっていることも多いからです。



クレンジングや洗顔で角質層の保湿機能を傷付けることがある


洗顔は、皮膚表面に付着した様々な汚れをきれいに取り除くために行います。

汚れというのは、汗や皮脂、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、排気ガス、メイクアップなど、実に様々です。

肌を健やかに保つためにまず必要なことは、こういった皮膚の付着物質を取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくすることです。



ですから、毎日のクレンジングや洗顔が重要になるわけですが・・・

このときに、洗浄力が強すぎる洗顔料を使用したり、肌を強くこするような洗顔を行ったりすると、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

何しろ、肌の保湿機能・バリア機能を支えているのは、厚さわずか0.02ミリほどの角質層です。

肌を強くこすったり、洗浄力の強い洗顔剤を使用したりすると・・・

汚れを取り除く過程において、この角質層の層構造を傷付け、必要な皮脂や細胞間脂質・NMF成分、あるいはまだ肌にとどまっておくべき角質細胞までを奪ってしまいます。

そして、こういった誤った洗顔方法を続けると、角質層の保湿機能・バリア機能そのものが低下し、肌は慢性的な乾燥状態になってしまいます。

また、外部の刺激に対しても敏感になり、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。



角質層の水分を守るためにクレンジグ剤・洗顔剤の選択は重要


クレンジング剤や洗顔剤については汚れを落とすだけだからと、あまり深く考えずに商品を選ばれているケースがあります。

しかし、クレンジング剤や洗顔剤こそよくよく吟味して選ぶ必要があります。

肌に対してマイルドで、なおかつ汚れもきちんと落とすというクレンジング剤や洗顔剤を選ぶことが大切です。

ただ、汚れを落とす力が強いものは、作用の強い洗浄成分(界面活性剤)が使用されていることが多く・・・

逆に肌に対してマイルドな洗浄剤の場合は、汚れを落とす力が弱く・・・

それでも汚れをきれいに落とそうとすると、肌をついつい強く擦ってしまうということがあります。



それでは、どのようなクレンジング剤や洗顔剤が良いのでしょうか。

様々なタイプの商品があって、一概にこれが良いとか悪いとか言いにくいのですが・・・

ただ、クレンジングにも通常の洗顔にもこれひとつで大丈夫というタイプのものはあまりおすすめできないように思います。

この場合、メイクアップなども含めて油性の汚れも一緒に取り去ろうというわけですから、かなり作用の強い洗顔成分(界面活性剤)が使用されている可能性が高いからです。

なるべくれあれば、メイクアップなど油性の汚れを落とすクレンジング剤とその他の汚れを落とす洗顔剤は別のものが良いように思います。

メイクアップなど密着度の高い油汚れは、肌への刺激が少なく、なおかつ水とも馴染みやすいクレンジング剤で取り込み、それを洗い流す。

そして、その後に、残ったわずかな油分やその他の汚れを洗顔剤を使って洗い流します。

メイクアップをしてない場合は、洗顔剤のみで汚れを洗い流します。

このような、クレンジングと洗顔と分けた2ステップのタイプのものが、肌を強く擦ることもなく、汚れをきれいに取り除くことができますので、おすすめです。

[関連ブログ記事]クレンジング剤の選択について



肌乾燥を防ぐためにクレンジングや洗顔で注意すること


次に、洗顔の方法についてですが、肌に刺激を与えず、角質層の層構造を傷つけず、なおかつ汚れをきれいに落とさなければなりません。

基本的には、肌を強く擦らずに、汚れをきちんと落とすということを考えないといけません。

クレンジング剤の場合はあまりに少ない量で汚れを落とそうとすると、肌を傷付ける可能性があります。

メイクアップに十分に馴染ませることができる量のクレンジング剤を使うこが重要ですし、やさしく、決してこすらずに、クレンジングとメイクアップを馴染ませます。

メイクアップを取り込んだクレンジング剤は、一旦きれいに洗い流します。

この場合、水で洗い流せるクレンジング剤が、肌を傷付ける可能性が少ないので良いと思います。



クレンジングの後は、クレンジング剤の油分がまだ肌に若干残っていますので、洗顔剤でさらに洗い流します。

肌に刺激を与えずに汚れを洗い流すには、洗顔剤を手のひらで十分に泡立てたうえで使用することが大切です。

この場合も、決してこすらずに、やさしく泡で包み込むように洗います。

それから、すすぎは特に丁寧に行ってください。

本来、クレンジング剤も洗顔剤も、肌表面に残存しないことを前提に造られていますので、すすぎは十分に行うことはたいへん重要です。

洗顔後のふき取りにも注意しましょう。

柔らかめのタオル等にて優しく抑えるように、決して強くこすらずに、お顔の水分を拭き取ってください。

[関連ブログ記事]肌乾燥を防ぐ正しい洗顔方法はこちら



モルトリーチェのクレンジング剤は?


モルトリーチェのクレンジングクリームは、肌の保湿機能やバリア機能に損傷を与えないように配慮した肌にやさしいクレンジングクリームです。

オリーブスクワランを主成分に、植物系洗浄成分と肌類似成分で構成されていますので、肌に負担をかけずに、やさしくクレンジング&マッサージができます。

角質層を傷付けず、角質層の保湿機能やバリア機能を守りながら、メイクアップなどの汚れをきれいに取り除きます。

また、海由来の保湿成分、9種類の植物エキスなど美肌をサポートするための成分をふんだんに配合しています。

肌の汚れを優しくきれいに取り除きながら健やかな肌を保ちます。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェのクレンジングクリームのご案内はこちら





モルトリーチェの洗顔フォームは?


モルトリーチェのウォッシングフォームは、独自処方の肌にやさしいアミノ酸系&植物系の洗顔成分により、肌表面の汚れや刺激物などをきれいに洗い流しながらも、角質層の機能に損傷を与えることがないように設計された洗顔フォームです。

肌本来の保湿機能やバリア機能を守りながら、やさしく洗顔できますので、洗顔後も肌が突っ張ることがなく、やわらかい肌感触を得ることができます。

また、海由来の高保湿成分、バイオ酵母成分、10種類の植物エキスなどを配合することで、肌の潤い保持や肌健康のサポートにも配慮しています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェの洗顔フォームのご案内はこちら






乾燥肌改善のために、以下の関連ブログ記事もあわせてお読みください。

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策ヽ兌疏悗凌緤を守るポイント「はじめに」

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策角質層の水分を守るポイント「皮脂膜」

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策3兌疏悗凌緤を守るポイント「細胞間脂質・NMF」

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策コ兌疏悗凌緤を守るポイント「新陳代謝」

紫外線対策については以下のブログ記事をご覧ください。

[関連ブログ記事]紫外線からお肌を守るために・・・



モルトリーチェ公式サイトの以下のページでも、乾燥肌の原因や改善策について取り上げています。

[公式サイト内ページ]肌老化・肌トラブルの原因「肌乾燥」を防ぐための保湿対策

モルトリーチェ公式サイトトップページは下のリンクからどうぞ。




初投稿:2008/08/17
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※12/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード