MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

化粧水について関連記事

化粧水の使用方法〜洗顔後すぐつける!?


化粧水の使用方法については、その使用効果を高める方法なども含めて、様々な情報があって、疑問を感じる方も多いかと思います。

特に、化粧水は、洗顔後すぐにつけるべきか?しばらくしてからつけるべきか?

それから、コットンを使うべきかどうか?パッティングは肌にプラスなのかマイナスなのか?

これまでも、化粧品の使用方法については、このブログでも何度か取り上げてきましたが、もう一度モルトリーチェの考えをまとめてみました。



化粧水は洗顔後すぐにつけましょう!


洗顔後は、皮脂膜が取り除かれ、肌は外的環境に対して無防備な状態にあります。

また、肌の水分が奪われやすい状態にあります。

洗顔(あるいは入浴)の直後は、肌表面に水分が残っているため、潤い感があるかもしれません。

しかし、大切なのは角質層(皮膚再上層の厚さわずか0.02ミリほどの層)に水分が保たれていることです。

洗顔後は、すぐに化粧水をつけ、水分の補給とともに、化粧水に含まれる保湿成分などにより肌(角質層)の水分が奪われないようにしましょう。



化粧水をコットンでつける場合の注意点


化粧水は、角質層の角質細胞と角質細胞のすき間から浸透していきます。

そのため、コットンで軽く馴染ませるようにつけることで、そのすき間への浸透にプラス効果が期待できます。

ただし、コットンで化粧水をつける時に、力を入れすぎたり、強く擦ることは避けてください。

肌表面を傷つけてしまい(角質層の層構造を乱して)、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

こういったことを防ぐためには、コットンが十分に濡れるくらいに化粧水を含ませることが必要です。

水分が不足した(乾いたような)状態のコットンでは、肌表面を傷つけてしまう可能性があります。

また、使用するコットンは上質なもの(肌表面を傷つけないやわらかい素材のもの)を選ぶことが大切です。



強いパッティングは逆効果の可能性も


パッティングしながら化粧水をつけることで、化粧水の肌への浸透を助けますし、適度なパッティングはマッサージ効果も期待できます。

ただし、強いパッティングは、肌への刺激となりますし、角質層を傷つけてしまいます。

軽い力でやさしくパッティングすることが大切です。

特に、敏感肌の方や肌荒れやその他肌トラブルの状態では、絶対に強いパッティングは行わないようにしましょう。

パッティング時に痛みを感じたり、パッティングした後に肌が赤くなっているような状態というのは、力加減が少し強すぎると思われます。



効果的な化粧水のつけ方〜重ねづけもおすすめ


それでは、化粧水の美容効果を高めるためには、どういったつけ方が望ましいでしょうか?

コットンにたっぷりと化粧水を含ませて(十分に濡れた状態で)、やさしく拭くような感じで、顔全体に馴染ませるのが良いように思います。

顔の内側から外側に向かって、ほおやひたいなど広い部分から、鼻、あごと・・・ていねいに馴染ませていきます。

コットンを使わない場合は、両手のひら全体を使い、顔の内側から外側へやさしく馴染ませるようにつけます。

軽く(あくまで軽く)たたくように馴染ませるのも良いでしょう。

コットンで行うよりは力加減が分かりやすいので、肌への刺激とならないように行ってください。



手でつける場合は、化粧水の重ねづけがおすすめです。

一旦顔全体につけた後、もう一度化粧水を手のひらにとり同じようにつけます。

重ねづけすると、肌のしっとり感はかなり違います。

それに、重ねづけしても、コットン使用よりは化粧水の量は少なくてすむのではないでしょうか。

化粧水は洗顔後すぐに、両手でやさしくなじませる(できれば重ねづけする)というのが、最も効率的で安全な方法のように思います。



化粧水の使用方法に関連した以下のブログ記事もご覧いただければと思います。

[関連ブログ記事]化粧水の使用方法(つけ方)についての疑問〜コットン、パッティングの必要性の有無は?

[関連ブログ記事]化粧水の使用方法〜化粧水シャワーについて

[関連ブログ記事]肌機能を守るためにコットンやティッシュにも注意!


初投稿:2012/01/15

秋肌にもおすすめ!潤いを保ちつややか透明肌へ導く化粧水


9月に入り、暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。

もう少し涼しくなって、湿度も下がってくると、肌の乾燥が気になる方が多くると思うのですが・・・

夏場、そして今の時期というのは、まだまだ汗や皮脂の分泌が多いので、肌の乾燥をあまり意識しないかもしれません

しかし、肌表面が潤っているように思えても、肌の内側、特に角質層は水分不足になっているということ(インナードライ)もあります。

肌を健やかに保ち老化を遅らせるためには、そういった角質層の水分保持機能こそが重要です。

[関連ブログ記事]夏場も油断しないで!保湿対策は大切

角質層に水分が十分に保たれている状態というのは、バリア機能も正常に保たれ、新陳代謝も適正に行われている状態でもあります。

しかし、加齢とともに、角質層の保水機能やバリア機能、さらには新陳代謝の機能というのものは次第に衰えていきますし、紫外線はそれを加速させます。

もちろん、体調不良やストレスなどもこういった肌機能の低下を早めます。

特に、今の時期は夏の強い紫外線で肌細胞が傷つけられ、肌本来の機能が低下し、角質層の水分保持力も低下している可能性があります。

そういった肌に是非おすすめしたいのが、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」です。

モルトリーチェの化粧水スキンローション」は、海と大地の恵みの高保湿成分をふんだんに配合するとともに、肌を健やかな状態に保つために、各種のサポート成分を配合しています。

これから肌乾燥や肌機能低下がさらに心配な秋冬がやってきます。

その前に、夏の紫外線の肌後遺症を防ぎ、健やかな肌状態を保っておくことは、肌老化防止のためにはたいへん重要です。

肌機能の低下を補い角質層の水分を適正に保つためのお手入れに、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」をどうぞよろしくお願いいたします。



潤いを保ちつややか透明肌へ導くモルトリーチェの化粧水




モルトリーチェ化粧品の基本コンセプトは、海と大地の恵みを活用し肌本来の機能(=肌が自ら美しくなろうとするチカラ)をサポートしようということです。

化粧水の一般的な使用目的は、保湿・整肌・柔軟・収れん・ペーハー調整・・・などいろいろありますが、やはり最大の目的というのは保湿であり、肌の潤い保つことにあると思います。

モルトリーチェの化粧水「スキンローション」の基本コンセプトは、海と大地の恵みといった天然由来成分の活用により、肌本来の潤い機能(=自ら潤うチカラ)をサポートし、肌水分を十分に保つということにあります。


潤い成分の補給


まず、肌(角質層)の潤い成分の減少を補うという考えから、海由来の高保湿成分を2種類、肌の潤い成分NMFを構成する各種のアミノ酸(10種類)を配合しています。

[関連ブログ記事]健やか肌にも欠かせない!アミノ酸の美肌効果


角質ケア


さらに、マルチフルーツ酸(5種類のフルーツ酸)を配合することで、不要な古い角質の脱落を早め、新陳代謝がスムーズに行われるよう肌の状態を整えます。

潤い効果も相まって、つややかな透明感漂う肌印象へと導きます。

[関連ブログ記事]マルチフルーツ酸について


健全な角質層の形成


その他、バイオ酵母成分、9種類の植物エキス、3種類の植物精油などを配合しています。

肌を健やかに保ち、十分な保湿機能を有する健全な角質層の形成をサポートします。




このように、モルトリーチェのスキンローションは、単に潤いを与えるだけではなく、肌本来の潤い機能そのものが適正に保たれるように配慮した化粧水です。

冬場の肌乾燥にはもちろん、夏のインナードライ肌やクスミ肌にも是非おすすめしたい化粧水です。



[公式サイト内ページ]モルトリーチェ スキンローションのご案内はこちら


初投稿:2012/09/05

化粧水の「とろ〜り感」と保湿効果について


今回は、化粧水の使用感といいますかテクスチャーについてお話します。

化粧水というのは、一般的には透明な液体で、肌に水分や保湿成分を補給するとともに、柔軟性を与えたり、収れん効果をもたらします。

化粧水は、健やかな肌を維持するために、ほとんどの女性の方は使用されているのではないでしょうか。

特に、肌の潤いを保ち乾燥を防ぐ化粧品としては、主役アイテムという感があります。

この化粧水、様々なタイプのものがありますが、最近多いのが液体でありながら、とろ〜りとした触感の少しこってりタイプのものです。

以前は、こういったタイプの化粧水は、高価格品に多かったのですが、近頃では低価格品にもこういったタイプのものがあります。


化粧水のとろ〜り感と保湿効果


さて、こういった化粧水の「とろ〜り感」の正体ですが・・・

強力な保湿成分がたくさん配合されているためだと思っている方も多いようですが・・・

実は増粘剤というものによって、とろ〜りとした触感をつくりだしています。

増粘剤を使用することで粘度を上げ、液体にとろみを加えたり、ゲル状にしたりしているわけです。

化粧水への増粘剤の使用は、タレ落ちを防げるというメリットもありますが、何より、肌につけた時の感触を良くしたり、高級感をかもし出したりするのが目的です。

確かに、増粘剤によって粘度を増した化粧水というのは、その「とろ〜り感」によって、肌につけた時に、一時的にいわゆる「しっとり感のようなもの」を感じるかもしれません。

しかし、本当の意味で肌をしっとりさせる(肌の潤いを保つ)ためには、角質層の水分を十分に保つことが重要です。

そして、増粘剤による「とろ〜り感」が、角質層へ浸透して保湿効果を発揮するということにはなりません。

あくまで肌がしっとりしたような感触にさせるだけであって、保湿効果という点ではさほど重要なファクターではないと言えます。

お料理にとろみやこくを出すために少量の片栗粉を入れても、味や栄養価には大きな影響はないのと同じような理屈になるかもしれません。

増粘剤を使用しているから、あるいは粘度が高いから、そういった化粧水は良くないと言っているわけではありません。

使用感やテクスチャーというのは理屈ではなく、各個人の好みということになってきますから、とろ〜りとした化粧水が好きな人もいらっしゃるし、あっさりしたタイプの化粧水が好きという人もいらっしゃると思います。

ただ、「とろ〜り感=高い保湿効果」と単純に考えない方がいいですよということです。

とろ〜りタイプの化粧水の中にも、本当に高い保湿効果があるものもあれば、それほどでもないものもあるということです。


モルトリーチェの化粧水の使用感と保湿効果


モルトリーチェの化粧水は、「とろ〜り感」というのはあまりなくて、どちらかというとあっさりした使用感の化粧水です。

時々、とろ〜りタイプの化粧水を使用していた方から、モルトリーチェの化粧水の保湿効果は大丈夫なのかというお問い合わせを頂戴することがあります。

先ほどから言ってますように、こってりタイプだから保湿力が強い、あっさりタイプだから保湿力が弱いいということでは決してありません。

モルトリーチェの化粧水は、マリンコラーゲン、アミノ酸、バイオ酵母成分、様々な植物エキス、さらに何といっても保湿効果抜群の海藻エキス「シーモイスト」が配合されていますので保湿効果にはたいへん自信を持っています。

それから保湿機能にも大きな影響を与える肌の新陳代謝をサポートするためにマルチフルーツ酸AHAを配合しています。

実は、モルトリーチェの化粧水についても、粘度については開発段階で結構迷いました。

粘度を上げて少しとろみを加えた方が、高級品っぽくなりますし・・・

でも、それよりも、若い方からお年を召した方まで幅広い年齢層の方にお使いいただくために、また、各種の保湿・美容液成分の浸透具合を考慮し、結果的には化粧水の粘度はあまり高くはしませんでした。

なお、モルトリーチェ公式サイトで取り扱っている他社製造のネオ・ボーテ化粧品については、粘度が少し高く、とろ〜りとしてコクのある使用感です。

モルトリーチェの化粧水とネオ・ボーテの化粧水、どちらも高い保湿力が自慢の商品です。

ただ、手に取った時、肌につけた時の感触が違いますので、お好みの使用感でお選びいただければと思います。



[公式サイト内ページ]モルトリーチェの化粧水のご案内はこちら


初投稿:2008/08/27
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※12/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード