MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

乳液について関連記事

冬の保湿対策にも!便利なスキンケアアイテム乳液


化粧水や美容液は使っているけど、乳液やクリームは使っていないという方がいらっしゃいます。

特に若い方は、まだまだ皮脂の分泌も活発ですから、そこに乳液やクリームなどを使うと、油分で肌がべたついてしまうということで敬遠しがちのようです。

まだまだ若いからそこまでしなくても大丈夫という気持ちも少しはあるかもしれません。

でも、油断していると、いつの間にか乾燥肌で悩むということになってしまいます。

基本的には、若い方にも乳液やクリームなど油分が含まれたスキンケアアイテムもご使用いただきたいと思っています。

もちろん、皮脂の分泌が多く、どちらかというと脂性肌という方は、こういった油分を含む化粧品の使用は慎重に考えた方がよいかもしれません。

ただ、脂性肌の方でも冬場になると皮脂の分泌が極端に減ってしまう場合もあります。

また、顔のある部分は乾燥しているという混合肌の方もいらっしゃいます。

特に冬場は、乳液やクリームをスキンケアアイテムとして取り入れるべきだと考えます。



肌の潤いを守るために大切な油分


肌の乾燥を防ぐためには、皮膚最上層の角質層に水分が十分に保持されている必要があります。

ただ、そもそもこの水分はどこから供給されているのかというと、それは私たちの体内からです。

化粧水などで補給する水分というのはあくまで応急的なものと考えた方がよいでしょう。

重要なのは、体内から供給されている水分が角質層から奪われないようにすることです。

角質層は、水分が奪われないように細胞間脂質やNMF成分などが水分をがっちりつかんで離さないような構造になっています。

さらに、角質層の上には皮脂膜という天然のクリームが広がり、角質層の水分が蒸散しないように薄い膜を張っています。

しかし、加齢により角質層の機能は低下していきますし、皮脂の分泌も減少していきます。

化粧水などで水分や保湿成分を補給し、角質層の水分維持機能を補ったりするのですが、これだけでは、皮脂膜の代わりとなるものがありません。

いくら、水分や保湿成分を補給したとしても、皮脂膜に代わるものがないと、角質層の水分は蒸散しやすくなってしまいます。

ですから、皮脂膜に代わるものとして、どうしても乳液やクリームなど油分が含まれるスキンケアアイテムが必要となってきます。

特に冬場は、ほんとんどの方が皮脂の分泌が減りますし、皮脂の分泌がそれなりにある方でも、洗顔直後は皮脂が取り除かれた状態です。

化粧水で水分や保湿成分を補給しても、しばらくすると肌の水分は蒸散してしまいます。

化粧水などの効果を長時間持続させるためにも、やはり乳液やクリームなどを使うべきだと思います。

[関連ブログ記事]秋冬の肌乾燥を防ぐために乳液を活用しよう!



冬のスキンケアの必須アイテム「乳液」


特に、冬のスキンケアの必須アイテムとして、乳液をおすすめしたいと思います。

乳液は、水分と油分が乳化されたもので、同じく水分と油分の乳化物であるクリームなどよりも粘度が低く液状になっています。

油分が含まれますので、肌に薄い膜を形成し水分の蒸散を抑えたり、外界の刺激から肌を守るなどの保護作用があります。

油分が含まれるといっても、クリームほど多くはなく、肌への馴染みが良くて、化粧水との相性にも優れています。

また、冬の肌は水分が失われやすく、硬くゴワゴワした状態になりがちです。

乳液は、皮脂膜に代わり、人工の皮脂膜として肌を保護するとともに、エモリエント効果(柔軟効果)を与えます。


オールインワン化粧品としても


各化粧品会社によって異なりますが、もちろん乳液にも様々な保湿成分や美容液成分が配合されています。

水分や油分に加え各種の美肌サポート成分も配合されているわけですから、乳液ひとつで「肌を保護する」「水分の補給」「水分を保つ」「水分の蒸散を防ぐ」といった機能を備えていることになります。

つまり、ここ数年大人気のオールインワン化粧品と同じような使い方も可能と言えます。

乾燥が特に気になる冬場は、化粧水・乳液・美容液・クリームなどでより入念な保湿対策を行い、他の季節は乳液のみをオールインワン化粧品として使うというのもよいかもしれません。

[関連ブログ記事]オールインワン化粧品について考える



モルトリーチェの乳液について


なお、モルトリーチェの乳液は、その油分というのは、皮脂と同じような構成成分を植物由来原料に求め採用しています。

肌への馴染みにたいへん優れ、比較的あっさりした使用感でべたつきは感じません。

また、海と大地の恵みの保湿成分や美容液成分をたっぷり配合していますので、角質層の水分維持機能をしっかりとサポートします。

以下のページでご案内していますので、是非一度ご覧ください。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェの乳液のご案内




初投稿 2009/12/21

秋冬の肌乾燥を防ぐために乳液を活用しよう!


保湿対策として、化粧水はほんとんどの方が使用されていると思いますが、乳液やクリームは使用していないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、肌の保湿をしっかりやろうとすれば、乳液などの油分を含んだ化粧品も是非ご使用いただきたいと思います。


化粧水の役割とその限界


このブログで何度も述べましたとおり、肌の乾燥を防ぎ健やかに保つためには、角質層が水分を保持し、バリア機能を有していることが大切です。

化粧水で水分や保湿成分を補給すれば十分なのでは?と思われるかもしれませんが・・・

確かに化粧水の保湿成分は角質層の水分保持に効果を発揮しますが、水分そのものはしばらくすると蒸散してしまいます。

化粧水の水分というのは、洗顔などで失われた肌表面の水分を一時的に補うとともに、保湿成分などを溶かし込み角質層に浸透しやすくしたものです。

本来、角質層の水分というのは、肌の内側の真皮層から他の栄養分などとともに供給されます。

健康的な肌でも角質層の水分は少しずつ蒸散していきますが、その分真皮層から供給されますので、角質層における水分量は十分に保たれます。

しかし、そのバランスが崩れると、例えば以下のようなことが起こる可能性があります。



空気の乾燥により角質層の水分の蒸散が激しくなったり・・・



新陳代謝の乱れにより角質層への水分供給が不足したり、角質層での水分保持機能が低下したり・・・



皮脂膜の不足により角質層の水分蒸散を抑えるはたらきが弱くなったり・・・



こういったことにより、角質層の水分不足=肌乾燥というのが生じてしまいます。

化粧水による水分補給というのは、洗顔直後の肌やカサカサした肌の表面を一時的に潤し、角質層から水分が奪われることを防ぎますが、その効果は長時間は続きません。

特に秋から冬にかけては空気が乾燥し、発汗量も少なくなりますから、化粧水で補給した水分はまたたく間に失われ、そのうちに、角質層の水分まで失われ、肌が乾燥してしまいます。



秋冬の保湿対策における乳液の必要性


このように、秋冬の保湿対策は、化粧水だけでは心もとないということになります。

やはり、乳液など油分が含まれる化粧品も利用すべきだと思います。

乾燥しやすい肌に化粧水ですばやく水分補給する。

そして、乳液など油分を含む化粧品で肌表面に薄い膜をつくり角質層の水分の蒸散を抑える。

特に、秋から冬にかけて皮脂の分泌が減少ていきますので、皮脂膜が不足しがちです。

冬は、脂性肌の方でも皮脂膜が不足することがあります。

その皮脂のはたらきを補うものとして油分を含んだ化粧品は必要です。

乳液の場合、クリームと比べて、油分が少なく水分が多いので、顔全体にのばしやすく、あっさりした使用感です。

油分が苦手という方にもご使用いただけるのではないでしょうか。

また、乳液には、角質層の早期剥離を防ぎ層構造を整えますので、角質層の保湿・バリア機能を保つとともに、肌を滑らかにする効果もあります。

油分を含んだ化粧品は苦手という方にも、是非乳液はおすすめしたいと思います。

[関連ブログ記事]冬の保湿対策にも!便利なスキンケアアイテム乳液



モルトリーチェの乳液「ミルクローション」について


皮脂・細胞間脂質(セラミド)・NMF成分(天然保湿成分)などに支えられた肌本来の保湿機能の再現を目指した美容乳液です。

植物由来&肌成分類似の潤いベールで肌をやさしく守ります。

天然由来の高保湿成分や美容液成分をたっぷり配合し肌の潤いを持続します。

肌にたいへん馴染みが良く、肌の保湿機能やバリア機能の衰えをカバーする乳液です。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェの乳液ミルクローションのご案内




初投稿:2010/11/02

便利で優れたスキンケアアイテム「乳液」について


乳液というのは、基礎化粧品アイテムの中では少し地味な存在になっているような気がします。

肌への水分補給と言えば化粧水を、肌の保湿と言えば美容液を、肌の水分の蒸散を防ぐと言えばクリームを思い浮かべるし・・・

スキンケアに何種類ものアイテムを使うのは面倒だし費用もかかるし・・・

最近はオールインワンの化粧品がたいへん人気があるようですし・・・

乳液はあまり必要無いかな?と思っている人も多いようです。

でも、乳液というのは、とても優れたスキンケアアイテムなんです。



優れたスキンケアアイテム「乳液」


肌の水分を十分に保ち乾燥を防ぐためには、肌への水分補給・肌の保湿・肌の保護が必要になってきます。

乳液というのはこの三つの機能が全部備わっている便利&優秀なスキンケアアイテムなのです。

通常は、肌の水分補給・保湿・保護は、化粧水+美容液+クリームのご使用でケアされている方が多いのではないでしょうか。

あるいは、最近流行りの、化粧水・美容液・クリームなど何種類も使わなくてもこれひとつで大丈夫というオールインワンタイプのスキンケアゲルなどをご使用されている方も多いかもしれません。

でも、よくよく考えてみると、乳液というのはこのオールインワンタイプのスキンケアゲルなどと同じような機能を持っているんです。



乳液の面白いところは、水分も油分もそれなりに含んでいるということです。

乳液は、水分と油分が乳化されたもので、同じく水分と油分の乳化物であるクリームなどと比べると粘度が低く液状になっています。

化粧水とクリームの中間的な存在と言えます。

油分があるといっても、その量はそれほど多くなく、サラッとしていて、肌への馴染みに優れています。

化粧水とクリームなどの間に使用することで、化粧水(水分)とクリーム(油分)の相性をよくしてくれます。

また、この乳液には、肌への水分補給や保湿作用はもちろんのこと、油分も含まれますので、肌に薄い膜を形成し水分の蒸散を抑えたり、外界の刺激から肌を守ってくれるなどの保護作用もあります。

つまり、天然のクリームである皮脂の役目を補うことができるわけです。

皮脂の不足は肌乾燥をはじめとして肌老化の大きな原因でもあります。

皮脂の不足を補うということもスキンケアの目的のひとつと言えます。



こうして見ると、乳液というのはとても便利なスキンケアアイテムということが分かると思います。

もちろん、完璧な保湿対策を行なうためには、化粧水・乳液・クリーム・美容液をきちんと使用されることをおすすめしますが、どうしても面倒くさい場合は化粧水プラス乳液のご使用はいかがでしょうか。

特に、空気が乾燥し皮脂の分泌も少なくなる秋から冬のスキンケアには、油分を含むこの乳液は是非取り入れていただきたいと思います。

また、油分を含む化粧品を敬遠している方でも、年齢を重ねると皮脂は不足気味になりますし、洗顔後は一時的に皮脂が取り除かれています。

皮脂の役目を補うという意味で、乳液をスキンケアに取り入れることを考えてみてはいかがでしょうか。

[関連ブログ記事]秋冬の肌乾燥を防ぐために乳液を活用しよう!



スーッと馴染んでお肌を守るモルトリーチェの乳液





モルトリーチェの乳液ミルクローションの化粧品ベースは、オリーブスクワランなど植物由来油脂成分を使用して肌成分(皮脂など)に近い構造にしていますので、肌馴染みに優れ、やさしく肌を保護してくれます。

さらに、保湿成分もたっぷり使用していますので、肌の潤い保持にもたいへん優れています。

モルトリーチェのミルクローションには、海藻の保水構造を応用したシーモイストや、肌への馴染みが良いマリンコラーゲンといった、海由来の高保湿成分を配合しています。

また、植物セラミドを配合し、肌の保湿機能やバリア機能をサポートし、潤いに満ちた滑らかな肌に導いてくれます。

肌を健やかに保つための成分もいろいろと使用しています。

特殊な酵母がから生まれたバイオダインTRFは、高い保湿力を有するとともに細胞の維持・活性に必要とされる様々な成分が含まれています。

また、カミツレ、クララ、シラカバ、甘草、ゼニアオイ、ローズマリー、ラベンダー、ティーツリーなどの植物抽出成分を配合し、肌健康をサポートします。

ご使用になりますと、しっとりした肌の感触が長時間持続するとともに、肌のもちもち感やふわふわ感を実感できると思います。

こういった潤いと柔軟性のある肌状態を持続させることが、小じわ防止やたるみ防止にもつながります。

モルトリーチェミルクローションの詳細は、以下のページにてご案内しております。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェミルクローションのご案内はこちら


初投稿:2008/01/10
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※12/31までは新規ご登録でポイント1000円分プレゼント





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード