MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

保湿対策

冬の肌乾燥を防ぐには、まずは正しい洗顔を!


肌の乾燥(水分不足)は、あらゆる肌老化・肌トラブルの原因となりますので、肌を健やかに保つためには「保湿対策」はたいへん重要です。

特に、外気が乾燥し、肌の分泌機能も低下する秋から冬にかけては「保湿対策」は必要不可欠です。

保湿対策のためのスキンケアというと、各種保湿成分が配合された化粧水・乳液・美容液・クリームなどの使用がまず思い浮かぶのではないでしょうか。

こういった化粧品は、肌に水分を補給したり、肌の水分が蒸散するのを防いだり、肌の保湿機能をサポートするといったはたらきがあります。

肌の潤いをしっかりと保つために必要なのは言うまでもありません。



肌本来の保湿機能を守るキーポイントは洗顔


ただ、ここでもうひとつ考えないといけないのは、本来は肌自体に「自ら水分を保とうとする力=保湿機能」があるということです。

この肌本来の保湿機能を健全に保つということもたいへん重要な「保湿対策」です。

つまり、肌本来の保湿機能を低下させるというマイナス要素を極力排除することです。

そして、そのキーポイントは日々の洗顔(クレンジングも含む)です。

というのも、洗顔の方法によっては、肌の保湿構造に損傷を与えたり、肌の潤い成分を奪ってしまったりして、保湿機能を低下させてしまう可能性があるからです。

肌を乾燥から守るためには、まずは正しい洗顔を行い、肌が本来有する保湿機能を低下させないことが大切です。



肌の保湿機能・バリア機能を支えている角質層


皮膚は3つの層から成り立っています。皮膚表面から順に、表皮、真皮、皮下組織です。

表皮は約0.2ミリ、真皮でも2ミリという薄さです。表皮はさらに、4つの層(基底層・有棘層・顆粒層・角質層)に分かれています。

そして、私たちが直接手で触れることの出来るのが、表皮の最も外側にある角質層というわずか0.02ミリほどの部分です。

肌が滑らかであるとか、乾燥してカサカサしていると感じるのはこの角質層の状態を表しています。





角質層は、活動を停止した細胞が20層ほど重なり、その細胞と細胞の間にNMFなどの天然の保湿成分や細胞間脂質が存在し、肌の潤いを守っています。

また、有害な成分が肌内部に浸透しないようバリア機能を有しています。

ちょうどレンガを20段ほど交互に積み上げ、そのレンガとレンガの間をNMFや細胞間脂質がまるでセメントでレンガブロックを固定するかのように埋まっています。

レンガが整然と並んだ状態は表面が滑らかになっています。

所々でレンガがめくれ上がった状態になると(角質層の層構造が崩れた状態になると)、そこに隙間が出来るわけですから、肌の水分は蒸散しやすくなってしまいます。

さらに、このような状態ではNMFや細胞間脂質も失われやすくなりますから、角質層の保水機能が低下し、肌はますます乾燥し、ざらざら、カサカサしてきます。

そして、そのうち皮膚表面に細かな小じわが出来てきたりします。

また、角質層の層構造が崩れた状態では、その隙間から肌に有害な雑菌や成分が進入して、様々な皮膚トラブルが発生しやすくなります。

これが、いわゆるバリア機能の低下ということです。



間違った洗顔で角質層の機能を低下させてしまう危険性が!


肌の保湿対策というと、化粧水・美容液・クリームなど、肌に塗布するお手入れをイメージしがちですが、その前に日々の洗顔(クレンジグも含む)がたいへん重要です。

実は、誤った洗顔方法によって、肌本来の保湿機能を損傷し、肌乾燥の大きな原因となっていることも多いのです。

洗顔は、皮膚表面に付着した様々な汚れをきれいに取り除くために行います。

汚れというのは、汗や皮脂、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、ある種のアレルギーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料など、実に様々です。

肌を健やかに保つためにまず必要なことは、こういった皮膚に付着する物質・成分を取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくすることです。

ですから、毎日の洗顔はたいへん重要です。



ただし、ここで注意しないといけないのは、洗顔で肌の汚れを取り去る際に、肌の表面、特に角質層の機能に損傷を与えていないかということです。

何しろ、肌の保湿機能・バリア機能を支えている角質層は、わずか0.02ミリほどの薄さです。

肌を強くこすったり、洗浄力の強い洗顔剤を使用したりすると、汚れを取り除く過程において、この角質層の層構造を傷付け、細胞間脂質やNMFといった潤い成分、さらには肌にとどまっておくべき角質細胞までを奪ってしまいます。

そして、こういった誤った洗顔方法を続けると、角質層の保湿機能・バリア機能そのものが低下し、肌は慢性的な乾燥状態になってしまいます。

また、外部の刺激に対しても敏感になり、肌の老化現象や肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

ですから、洗顔(クレンジングも含む)というのは、たいへん重要なのです。



とても重要な洗顔剤の選択


化粧水や美容液などについては入念にチッェックして購入されている方でも、洗顔剤については汚れを落とすだけだからと、あまり気にせずに商品を選ばれているケースがありませんか?

実は洗顔剤こそよくよく吟味して使用しないといけません。

肌に対してマイルドで、なおかつ汚れもきちんと落とすという洗顔剤を選ぶ必要があるのです。

しかし、困ったことに、汚れを落とす力が強いものは、作用の強い洗浄成分(界面活性剤)が使用されていることが多く・・・

逆に肌に対してマイルドな洗浄剤の場合は、汚れを落とす力が弱く・・・また、それでも汚れをきれいに落とそうとすると、肌をついつい強く擦ってしまい肌に悪影響を与えてしまうということがあります。

どのような成分で構成された製品なのか?さらにはどのような洗浄成分(界面活性剤)が使用されているのか?

・・・ということが分かれば、ある程度その洗顔剤について知ることができるでしょうし、そのための全成分表示なのですが、その成分表示を見ただけではなかなか分かりにくいというのも事実です。



ただ、ひとつ言えるのは、クレンジングにも通常の洗顔にもこれひとつで大丈夫というタイプのものはあまりおすすめできないように思います。

この場合、メイクアップなども含めて油性の汚れも一緒に取り去ろうというわけですから、かなり作用の強い洗顔成分(界面活性剤)が使用されている可能性が高いからです。

肌にとってやさしく、なおかつ汚れをきれいに落とすことを考えた場合、落とす汚れの種類も違いますので、クレンジング剤と洗顔剤は分けた方が良いように思います。

メイクアップなどの油汚れは、肌への刺激が少なく、なおかつ水とも馴染みやすいクレンジング剤で取り込み、それを洗い流す。

そして、その後に、残ったわずかな油分やその他の汚れを洗顔剤を使って洗い流します。

メイクアップをしてない場合は、洗顔剤のみで汚れを洗い流します。

このような、クレンジングと洗顔と分けた2ステップのタイプのものが、肌を強く擦ることもなく、汚れをきれいに取り除くことができますのでおすすめです。



クレンジング剤の選択について以下のブログ記事もご覧ください。

[関連ブログ記事]クレンジングで肌傷つけていませんか?

[関連ブログ記事]肌乾燥を防ぐためにクレンジング剤の選択はとても大切



乾燥を防ぐ正しい洗顔の方法について


次に、洗顔の方法についてお話します。洗顔は、肌に刺激を与えず、角質層の層構造も損傷せずに、なおかつ汚れをきれいに落とさなければなりません。

基本的には、肌を強く擦らずに、汚れをきちんと落とすということを考えないといけません。

クレンジング剤の場合はあまりに少ない量で汚れを落とそうとすると、肌を傷付ける可能性がありますので用量には注意が必要です。

洗顔剤の場合は、肌に刺激を与えずに汚れを洗い流すには、十分に泡立てたうえで使用することが大切です。

特に洗顔については、以下の点に注意しながら、肌の保湿機能を損傷しないように気をつけましょう。


洗顔時の水温に注意


体温よりやや低めのぬるま湯を使いましょう。冬場は熱い湯を使いがちですが、熱すぎる湯は必要な成分まで取り除き、肌への刺激も大きく、乾燥の原因ともなってしまいます。

なお、冬場でも、冷たい水(通常の水道水)で洗顔を行なう方もいらっしゃいます。

熱すぎる湯水での洗顔よりは、良いと思いますが、水が冷たすぎる場合は、同じように肌への刺激も考えられます。

また、肌の引き締め効果を期待して、冷たい水を使用されるケースもありますが、通常、洗顔後に使用される化粧水などに引き締め効果がありますので、あえて冷たい水での洗顔は必要ないかと思います。


予洗いをおすすめします


洗顔剤を使う前になるべく予洗い(ぬるま湯で2〜3回ほど)することをお勧めします。

お顔に水を馴染ませることで、その後使用する洗顔剤の刺激を和らげます。汚れも落ちやすい状態となります。


十分に泡立てやさしく洗顔


洗顔は泡で顔を包み込むように、やさしく、決してこすらずに洗うのが基本です。

洗顔剤をたっぷりと泡立てて使いましょう。

脂が浮きがちなTゾーンは特に丁寧に洗いましょう。

洗顔剤を手に取った後、水を含ませ、数回手のひらでこすり泡立てただけで、お顔の洗顔を開始するケースをよく見ますが、これでは十分な泡立ちは得られません。

洗顔剤は、よくよく手のひらで泡立てたうえで、ご使用ください。


すすぎは入念に


洗顔後のすすぎは十分に(15回〜20回)行いましょう。額の髪の生え際、小鼻のわき、あごのラインは洗顔剤が残りがちですので、特に丁寧に行ないましょう。

通常の洗顔剤の成分は、あくまで洗い流すこと(肌の上に残さないこと)を前提としています。

洗顔剤が肌表面に残存することで、肌にトラブルが起こる可能性もありますので、注意しましょう。


拭き取りもやさしく


洗顔後、柔らかめのタオル等にてやさしく抑えるように、お顔の水分を拭き取ってください。

決して強くこすらないように、拭き取りましょう!

※なお、洗顔後は、皮脂が取り除かれ、肌が無防備な状態にあります。

乾燥状態に陥りやすく、また外的刺激にも弱い状態となっています。

化粧水や乳液などで、潤い成分を補給し、お肌を守りましょう。



洗顔の方法は当ブログ内の以下の記事でもご覧いただけます。

[関連ブログ記事]肌乾燥を防ぐ正しい洗顔方法



モルトリーチェの洗顔フォームについて


モルトリーチェのウォッシングフォームは、洗顔による保湿機能の損傷が無いように設計された洗顔剤です。

洗顔成分は、石けん、アミノ酸系、植物由来脂肪酸系など、肌に優しい洗浄剤を使用しています。

また、驚くほどきめこ細かな泡がたっぷり立ちますので、汚れをきれいに洗い流しながらも、洗顔による肌の損傷や保湿機能の低下を防ぎます。

また、海と大地の恵みから得た美容液成分をたっぷり配合していますので、洗顔しながら肌トリートメントしたようなしっとり感を実感できます。

以下のページにて、詳細をご案内しておりますので、是非一度ご覧ください。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェウォッシングフォームのご紹介




初投稿:2007/11/09

知らず知らずのうちに肌乾燥〜夏のインナードライ肌について


美しい肌・若々しい肌・健康的な肌・・・その最も重要なポイントは、肌に水分が十分に保たれているかどうかです。

肌の水分不足は、様々な肌老化現象・肌トラブルの原因となってしまいます。

通常、肌の水分不足は、肌表面のカサツキ感やつっぱり感などで自覚するのですが・・・

時には、肌表面は潤っているように感じながらも(肌乾燥を自覚していないのに)、肌内部が水分不足に陥っていることがあって、これを「インナードライ」と言ったりします。



本当の肌の潤いは角質層の水分で決まる


特に重要なのは角質層の水分量です。

健康的な肌は角質層の水分量が15%〜20%に保たれていて、10%を切ると様々な肌トラブルが発生しやすくなります。

肌表面の乾燥を自覚しなくても、角質層の水分保有率が低下しているということだってあるのです。

角質層は皮膚の一番外側にある層で、わずか0.02ミリほどの厚さながら、水分をしっかりと保つとともに(保湿機能)、外部からの異物の侵入を防いでいます(バリア機能)。

健全な肌であれば、潤いを守る3要素「皮脂膜」「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」により、角質層の水分を維持します。

しかし、これらの潤いを守る3要素は、加齢とともに減少しますし、紫外線の影響やハードな洗顔などによっても奪われます。

潤いを守る3要素が不足すると、角質層の保湿機能は低下し、水分は不足します。

また、バリア機能も低下しますので、外からの刺激成分が皮膚内部へ侵入しやすくなります。

同時に、新陳代謝にも悪影響を及ぼしますので、肌のメカニズムが乱れてしまいます。

肌はカサカサな状態となり、カユミや炎症といった皮膚トラブルなども発生しやすくなりますし、これが、シワ・クスミ・タルミなど肌老化にもつながります。



特に、春から夏にかけては、発汗量が増えてきますので、なんとなく肌表面が潤っているように感じます。

しかし、実際には、肌内部つまり角質層は水分不足に陥っているということがありますので要注意です。

また、日常生活の中で少しずつ浴びる紫外線については、その影響による肌ダメージもなかなか自覚しにくいものです。

この場合、夏が終わり、秋から冬にかけて、肌の異変やトラブルが一挙に現れることがあります。

肌老化や肌トラブルを防ぐためには、夏場も油断することなく、規則正しいスキンケアを行うことが大切です。

[関連ブログ記事]潤っているはずなのに〜インナードライ要注意

[関連ブログ記事]夏場も油断しないで!保湿対策は大切



肌本来の機能をサポートするモルトリーチェ化粧品


モルトリーチェ化粧品では、角質層を健全に保ち、肌本来の機能をサポートすることを目的として商品設計がされています。

例えば、クレンジングや洗顔は、角質層の保湿・バリア機能を損傷しないことを第一に考えた商品造りをしています。

化粧水・乳液・美容液などは、皮脂の不足を補うとともに、角質層の機能を支える細胞間脂質やNMF成分のはたらきを補うという考え方で配合成分を厳選しています。

また、天然由来の各種有用成分を配合することで肌の状態を整え、正常な新陳代謝が保たれるようサポートします。

モルトリーチェでは、化粧品の役目は「肌が本来有している健康機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートすることだという考えのもとで商品設計をしています。

そのため、化粧品に使用する成分は、肌に存在する成分と同じ成分、あるいは類似した成分、肌の機能を補う成分を自然界に求め採用しています。

肌本来の機能を適正に保ち、若々しく美しい素肌を維持するために、モルトリーチェ化粧品で夏のお肌をやさしくケアしていただければと思います。



[関連ブログ記事]モルトリーチェ化粧品の特長はこちら


初投稿:2009/06/16

乾燥肌の改善策ヽ兌疏悗凌緤を守るポイント「はじめに」


乾燥肌でお悩みの方は、とてもたくさんいらっしゃいます。

乾燥肌という自覚が無い方でも、年齢を重ねるにつれ肌の保湿機能は衰えていきますので、いつの間にか肌の水分が不足していることもあるかもしれません。

肌の乾燥(水分不足)は、肌の様々な老化現象の大きな要因ですし、紫外線はそれを加速させます。

そこで、肌乾燥の予防、あるいは肌乾燥の改善を期待して、多くの方がスキンケア化粧品をご使用になるわけですが・・・

確かに、保湿用化粧品を肌に塗布することによって、肌の乾燥を防いだり、乾燥肌が改善されることもあるでしょう。

ただ、一年を通してカサカサしてしまう慢性的な肌乾燥の場合、肌本来の機能が低下し、乾燥しやすい肌状態になっているのではないかと思います。

もし、そのような状態であれば、効果のありそうな保湿化粧品を使用したとしても、それは一時的な解決でしかなく、根本的な解決になっていないかもしれません。



乾燥肌の改善策「大切なのは角質層の水分保持機能」


肌乾燥というのは肌の水分量が不足しているということですが・・・

もう少し詳しく言うと、それは角質層(皮膚最上層で肌表面から0.02ミリくらいの層)の水分不足、さらには角質層の水分保持機能が低下しているということを意味します。

肌の表面に水分を補給しただけでは、それはすぐに蒸散し、肌の潤いを保ち乾燥を防ぐことにはな りません。

肌乾燥を防ぐうえで重要なのは、角質層が水分を十分に保つ状態にあるということです。

角質層に水分が保たれている状態こそが、肌が潤っているということであり、肌のバリア機能もし っかり保たれた状態です。

異物の侵入も防ぎ、肌荒れなど皮膚トラブルも発生しにくくなり、健やかな肌状態が保たれます。

見た目には、滑らかでつややか、触った感じは、ふっくらとやわらかな肌状態となります。






角質層の水分保持機能について




角質層が十分な水分を保つためには、いくつかの要素が関係しています。

角質層は、新陳代謝によって表皮最下層(基底層)から押し上げられてきた細胞(角質細胞)が20 層ほどかさなり層構造を形成しています。

角質細胞が規則正しく層構造を形成し、その角質細胞と角質細胞の間に細胞間脂質やNMF成分 (天然保湿成分)といった潤い成分が存在することで角質層の保湿機能やバリア機能は保たれま す。

また、角質層の上には(つまり肌の表面には)、皮脂膜という天然のクリームが広がり、この皮脂膜が潤いのベールとなって、角質層からの水分の蒸散を防いだり、外的刺激から肌を保護してくれ ます。



肌が乾燥しやすい方は、角質層の細胞間脂質やNMF成分、さらには皮脂膜といった潤い成分が不足していることが多いようです。

また、加齢とともに肌が乾燥しやすくなるのは、こ ういった潤い成分が年々減少していくことが原因でもあります。

なお、角質層というのは、厚さわずか0.02ミリほどのたいへん薄い層です。

クレンジングや洗顔、その他のお手入れで、肌を強くこすったりすると、角質層の層構造を傷つ け、その保湿機能やバリア機能を低下させてしまうことがあります。



それから、健全な角質層の層構造の形成、細胞間脂質やNMF成分の生成というのは、適正な新陳代謝の過程において行われます。

新陳代謝に乱れが生じたり、加齢により新陳代謝の機能が低下してくると、角質層の保湿機能やバ リア機能も低下してしまいます。



角質層の水分を保つための重要ポイント


こういったことを考えると、角質層の水分を保つためのポイントとしては・・・

肌表面の「皮脂膜」、角質層の「細胞間脂質やNMF成分」、角質層を傷つけない「正しい洗 顔」、健全な角質層を形成する「適正な新陳代謝」があげられます。

さらに、もうひとつ重要なことは「紫外線の防止」です。

紫外線は表皮細胞を傷つけ、角質層の機能を低下させてしまいます。その他、紫外線は肌に対して 様々な悪影響をもたらしますので要注意です。


皮脂膜


皮脂と汗が混じりあった肌表面を覆う天然のクリームです。肌を保護し潤いを守ります。


細胞間脂質/NMF


角質層に存在する潤い成分で、角質層の保湿機能・バリア機能を適正に保つために必要です。


正しい洗顔


クレンジングや洗顔の方法によっては、角質層の保湿機能・バリア機能を低下させることがあります。


適正な新陳代謝


適正な新陳代謝が行なわれることで、保湿機能・バリア機能を有する健全な角質層が形成されま す。


紫外線の防止


紫外線の悪影響は、シミ・ソバカスの原因というだけでなく、肌細胞を傷つけ、保湿機能を低下させます。



慢性的な乾燥肌で悩んでいる方は、これらの要素がいくつか複合的に関係して角質層が十分な保水機能を果たさなくなっている状態だと思われます。

「肌乾燥のスパイラル(悪循環)」のような状態に陥っているのかもしれません。

乾燥肌を改善するためには、お手入れの方法や使用するスキンケア化粧品なども含めて考え直す必要があります。

また、肌乾燥を自覚していない方でも、加齢により、あるいはお手入れ不足、その他いろいろな理由によりいつの間にか角質層の水分保持力が低下していることがあります。

肌老化に気づいたり、あるいは肌トラブルが現われてから、あわてるのではなく、日頃から規則正 しいお手入れを継続しておくことが大切です。

以下のブログ記事では、肌乾燥の防止や改善のための基礎知識とお手入れ方法について、ポイントごとにご説明させていただきますので、参考にしていただければと思います。



[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策角質層の水分を守るポイント「皮脂膜」

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策3兌疏悗凌緤を守るポイント「細胞間脂質・NMF」

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策こ兌疏悗凌緤を守るポイント「正しい洗顔」

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策コ兌疏悗凌緤を守るポイント「新陳代謝」

紫外線対策については以下のブログ記事をご覧ください。

[関連ブログ記事]紫外線からお肌を守るために・・・



モルトリーチェ公式サイトの以下のページでも、乾燥肌の原因や改善策について取り上げています。

[公式サイト内ページ]肌老化・肌トラブルの原因「肌乾燥」を防ぐための保湿対策

モルトリーチェの公式サイトトップページは下のリンクからどうぞ。




初投稿:2008/07/22
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※現在新規ご登録でポイント1000円分プレゼント実施中!





現在実施中のプレゼント企画はございません




QRコード
QRコード