MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

肌保湿

日々の入浴が冬の肌乾燥防止につながります


今回は主にボディの乾燥防止ということで、入浴を取り上げたいと思います。

最近は、お風呂で毎回は湯船に浸からない人も多いようです。

シャワーで十分とか、湯船に浸かるのが面倒とか、退屈とかというのが、その理由のようです。

でも、美容と健康のためには、やはり湯船には浸かって温まった方がよいでしょう。

特に冬場は・・・



入浴の美肌効果いろいろ


湯船に浸かり体を芯から温めるということは、美肌づくりにおいても様々な良い影響を与えてくれます。

入浴で体を温めるということは、毛穴を開かせるとともに、寒さで固まった皮脂を柔らかくしてくれます。

毛穴に詰まった皮脂やその他の汚れがとれやすくなりますし、皮脂が皮膚表面に出やすい状態にしてくれます。

そうすると、皮脂が天然のクリームとして肌を保護してくれますので、肌は乾燥しにくくなってきます。

また、入浴で体を温めるということで、血行が良くなり、新陳代謝にも好影響を与えます。

新陳代謝が正常に行われることで、皮膚最上層の角質層が健全な層構造を形成し、肌の保湿機能やバリア機能を適正に保つことにつながるからです。

特に、冬場は、皮脂も汗も少ないので、体を清潔に保つという点では、毎日の入浴というのは必ずしも必要無いのかもしれません。

しかし、体(お顔も含めて)の乾燥防止など美肌対策のためには、毎日湯船に浸かるという入浴はおすすめです。



冬の入浴時の注意点


逆に、冬場でも湯船に浸からずにシャワーだけで済ませているという場合、特に、ボディシャンプーや石鹸を使ってでゴシゴシと洗ってしまうと、これは乾燥の危険性が高まります。

角質層の層構造を傷つけるとともに潤い成分を奪ってしまい、保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があるからです。

乾燥しやすい、そして刺激に対して敏感な肌状態になってしまうことがあるということです。

冬場は、汗や皮脂の分泌は少ないので、強い洗浄力は必要無いですし、汗はお湯だけでほぼ洗い流すことができます。

石鹸やボディシャンプーも、なるべくマイルドな洗浄力のものを選び、使用量は夏場よりも少なめで、よく泡立て、手かやわらかいタオルなどでやさしく洗うようにすべきです。

また、熱すぎる湯というのも避けるべきです。

ヒートショックという言葉があるように、脳や心臓に異常を起こすなど、健康上の危険性もありますし、美肌を維持するうえでも問題です。

熱すぎる湯は、肌に対して刺激を与えますし、必要な潤い成分も奪ってしまいます。

かゆみが発生しやすくなったり、入浴後に肌が乾燥しやすくなってしまいます。

湯温は40度前後くらいが適当かと思います。

こういったことを考えると、冬場の入浴スタイルというのは、基本的には毎日、あまり熱くない湯温で、湯船に浸かるということ。

それから、体を石鹸やボディシャンプーでていねいに洗うのは一日おきくらいということでいいようにも思います。

[関連ブログ記事]寒い冬の美肌対策・乾燥防止は毎日の入浴から

[関連ブログ記事]肌乾燥を防ぐために体は手で洗うのがオススメ


初投稿 2009/12/02

マッサージが肌乾燥を防ぐ理由


肌乾燥を防ぐと言われる方法はいろいろあります。

多くの方がご自分に合うお手入れ方法をお探しのことと思います。

今日は保湿対策として肌のマッサージをおすすめしたいと思います。



マッサージの目的は?


マッサージは何のためにするのかというと、若々しい肌を保つためとか、シワやタルミを防ぐためとか言われます。

そういう言い方が分かりやすいのかもしれませんが、マッサージの最大の目的は血行を良くして、肌の新陳代謝が適正に行われるようにサポートすることです。

特に冬場は、温度が下がり、どうしても血行が悪くなってしまいますが、マッサージをすると明らかに皮膚温が上昇し、血行が良くなっていることが分かります。

血行が良くなると、毛細血管から肌細胞への栄養分がスムーズに供給されるようになり、新陳代謝にプラスの影響を与えてくれます。



適正な新陳代謝が肌に潤いを与える


新陳代謝というのは、表皮基底層で生まれた細胞が少しずつ皮膚表面へ押し上げられていき、角質細胞としてとどまった後、垢として剥がれ落ちていくといった一連のサイクルを言います。

新陳代謝は、一般的に肌の生まれ変わりとも言われ、肌が若々しくあるためにたいへん重要な機能なのですが、肌の潤い機能にも直接的に影響を与えます。

肌の潤い機能(水分保持機能)は、皮膚最上層の角質層が規則正しい層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分が存在することで維持されています。

この角質層の層構造は、新陳代謝が適正に行われることで形成されますし、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分も新陳代謝の過程によってつくられます。

ですから、新陳代謝の乱れや鈍化というのは、肌(角質層)の潤い機能を低下させてしまい、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

肌が乾燥すると、さらに新陳代謝は乱れますから、どんどん肌乾燥スパイラル(悪循環)ということになってしまいます。



日々のマッサージで新陳代謝をサポート


こういったことにならないように、日々のマッサージをおすすめします。

血行が悪くなりがちな冬場は、マッサージを継続することが新陳代謝のサポートにつながり、それが有効な保湿対策にもつながります。

なお、マッサージは毎日行うべきですが、かといって肌への負担となってはいけません。

マッサージクリームは肌にマイルドなものを選び、マッサージを行う際は肌に対して決して強い摩擦を与えずにやさしく行いましょう。



マッサージの目的や方法については以下のブログ記事でもご案内しています。

[関連ブログ記事]顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿

[関連ブログ記事]マッサージの方法



モルトリーチェ公式サイトの以下のページでもマッサージの方法や注意点をご紹介しています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法




初投稿:2009/12/01

新陳代謝〜周期が早過ぎてトラブル肌ということも


肌の潤いを保つためには、あるいは肌の老化を防ぐためには、新陳代謝が適正に行われていることが大切です。

一般的に言われる肌の新陳代謝というのは、表皮基底層で生まれた細胞がどんどん上に押し上げられて、角質細胞としてとどまった後、垢として剥がれ落ちるまでの過程のことで、ターンオーバーとも言ったりします。

この新陳代謝は、通常28日周期で行われるとされています。

基底層から角質層に達するまで14日間、角質層に到達後剥がれ落ちるまで14日間というのが平均のようです。

ただ、基底層で細胞が生まれる期間も含めると、新陳代謝は28日ではなく40日以上かかるという方が妥当だとも言われたりします。

最近では顔と体の各部位とでは若干日数が違うようだとも言われています。



新陳代謝の乱れで現れる肌の老化現象


いずれにせよこの新陳代謝の機能が衰えることによって、肌は潤いを失い、滑らかさも失い、透明感も失い・・・いろいろと老化現象が現れてくるわけです。

通常は、加齢に伴い、新陳代謝は鈍化、つまり周期が遅くなってきます。

それから、冬場など気温の低下が原因で、新陳代謝が鈍化することもありますし、体調の変化が影響を与える場合もあります。

ですから、新陳代謝の機能を正常に保つように、日々規則正しくお手入れを行い、健康管理にも気をつけましょう・・・

ということになるのですが、時として、新陳代謝の周期が早くなりすぎるという場合があります。



新陳代謝が早過ぎる状態とは?


肌表面を強く擦ったり、洗浄力の強過ぎる洗顔料などを使用したりした場合、角質層を傷つけてしまうと、角質層のバリア機能は低下します。

肌水分の喪失を早め乾燥気味になったり、異物の進入を許しやすくなったりしてくるわけです。

そうすると、そういった状態を改善しようと、表皮の新陳代謝が異常に早くなってしまうということがあるのです。

角質層の損傷を修復をしようとする生体反応なのですが、どんどん細胞が生産され、次々と上へ押し上げられていく状態です。



この状態というのは、ある意味、新陳代謝において細胞の交通渋滞のようなものがおこっているわけで、次第に見た目には厚く固くくすんだような肌状態となってきます。

また、基底層で生まれた細胞が十分な時間をかけずに角質層へ到達してしまうと、角質層は適正な層構造が形成されません。

角質層において重要なはたらきをする細胞間脂質やNMFといった潤い成分も適正な新陳代謝の過程でこそ生成・供給されます。

新地代謝の乱れによってこれらの潤い成分も不足し、機能の劣った角質層となってしまいます。

この状態が続くと、肌荒れから炎症などのトラブルが生じてきますし、さらに慢性的な皮膚炎、炎症からメラニン色素の生成活発化といったことがおこります。



新陳代謝の乱れを防ぐために


こういったことにならないようにするには、まず注意しないといけないのは、肌表面を極力傷つけないようにするということです。

特に重要なのはやさしい洗顔ということになります。

体も同様です。お風呂でゴシゴシと洗うということは避けるべきです。

それでも、顔も体も目に見えない小さな損傷を日々受けたりします。

また、洗った後の肌は皮脂も取り除かれ無防備な状態になります。

化粧品などでしっかりと保護・保湿といったサポートをしてあげることが必要となります。

炎症などがひどくなってくると、化粧品などでは改善が難しくなってきます。

まずはそうならないように、日頃から肌にやさしくという気持ちでお手入れすることが大切です。

[関連ブログ記事]乾燥肌の改善策コ兌疏悗凌緤を守るポイント「新陳代謝」



海と大地の恵みを活かし、肌本来の保湿機能やバリア機能を守るモルトリーチェの公式サイトも是非ごらんください。




初投稿:2009/12/07
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内



※現在新規ご登録でポイント1000円分プレゼント実施中!





現在実施中のプレゼント企画はございません




QRコード
QRコード